ます速ch

ニュース、政治、東アジアなどの話題を わかりやすくまとめていきます。

    ゲンダイ

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/04/12(金) 08:40:49.63 ID:CAP_USER
    「日本政府が伊藤博文を含めてアジア、特に朝鮮侵略の元凶級人物を紙幣に登場させるのは意図的な事だ」

    在日『朝鮮新報』は10日、『日本紙幣の肖像』という論評で、日本の1万円の紙幣の肖像が福澤諭吉から渋沢栄一に変わる事に関してこのように主張した。

    特に新聞では、「さらに“元号(年号)”が変わる時期を政治的に利用しようとする安倍政権の本質と、その背景を見れば100%ありえる」と確信した。

    新聞は1万円紙幣の新たな肖像となる渋沢栄一について、「日本初の銀行である第一国立銀行を創設して、1878年に釜山(プサン)に支店を置いた事をきっかけに朝鮮に対する進出と経済侵奪に乗り出し、特に日清戦争時には戦時金融と軍事物資授受業務を引き受けて莫大な財産を蓄積した」と明らかにした。

    また新聞は、「朝鮮政府が第一銀行の紙幣発行を禁止して独自の紙幣を発行しようとすると、すぐに日本本国から軍艦を派遣させてこれを破棄させた」とし、「釜山~ソウル間の鉄道(京釜線)を敷設して、大陸侵略の基礎を築いた」と指摘した。

    特に新聞は、「彼は早くから朝鮮半島を、“最も切実で、最も深い、そして直接日本の理解に影響を与え、日本の興亡盛衰がかかった『利益線(生命線)』” と見なしていた」とし、「その思想的な根源は “神功皇后の三韓征伐” から “朝鮮征伐” 、“征韓論” の影響があると言明した」と強調した。

    新聞は、「福澤諭吉や伊藤博文、渋沢栄一の思想的根底は同じである」とし、「むやみにこのような者を選んで肖像を紙幣に刷る事は、我が民族に対する容認できない愚弄であり挑戦だ」と憤怒した。

    ソース:統一ニュース(韓国語)
    http://www.ksilbo.co.kr/news/articleView.html?idxno=690124

    【【新紙幣】在日『朝鮮新報』が憤怒、「朝鮮侵略の元凶級人物は意図的、我が民族に対する愚弄であり挑戦」】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/03/17(日) 08:26:10.04 ID:QvK/XgH+9
    「(宿の)部屋のテレビが朝からつけっぱなしだったので、聞き流しておりましたが、すごいですね。
    もう1時間近くピエール瀧の話だけしかしてません。この国のメディアもう気が狂っているみたいです」

    14日朝、そうツイートしたのは思想家で神戸女学院大名誉教授の内田樹氏だ。
    朝だけでなく、お昼も午後も民放の情報番組は、瀧のコカイン逮捕の話題一色。

    必ず1時間ほど引っ張り、続いて元モー娘。のゴマキの不倫の話題が延々と続く。
    他に伝えるニュースがないのかと錯覚しそうなほどだ。

    瀧の肩を持つわけではないが、薬物犯罪は被害者なき犯罪という側面もある。
    ゴマキの不倫に至っては家族内で片づけるべき問題だろう。

    ちょうど昨年の今ごろ、財務省が森友文書の改ざんを認めたが、その顛末はどうなった。
    告発された財務省幹部ら38人は全員、不起訴。責任者の麻生財務相は今も辞めず、デカイ面だ。
    安倍首相夫妻の関与疑惑も晴れないまま、ウヤムヤである。

    行政府の信用を根底から揺るがす前代未聞の大事件のはずが、こんなモヤモヤ決着でいいのか。それを司法は許すのか。
    芸能スキャンダル報道に血道をあげる前に、メディアはやるべきことがあるはずだ。改めて内田樹氏に聞いてみた。

    「普段はテレビを見ない生活で、旅先で相部屋の友人がつけたから、たまたま知りましたが、異様ですよ。
    ワイドショー的関心事としてピエール瀧の事件を15分程度、伝えるならまだしも、あそこまで報道資材を集中して1時間も伝えるのは、明らかにおかしい。

    それでいて政策の成否をゴマカした統計不正という重大ニュースはほぼ扱わない。
    政権側の不当な介入があった疑いが濃くなっても、芸能スキャンダルだけを伝える目くらましです。

    こうした番組だけが情報源の人は、統計不正を知らなくて当然。
    ひと昔前の新聞やテレビは国民的合意形成のプラットフォームとなり得ていましたが、今は違う。
    既存メディアに頼り切りの人々は、政治の見え方も異なってしまう。そのことが非常に怖いのです」

    難しいテーマだから数字を稼げない、と視聴者をナメているとしか思えないが、
    いくら野党が統計不正を批判しても、メディアが取り上げなければ国民の共感を得られない。

    政権与党が資料提出や参考人招致を徹底的に拒むこともあり、今や世論におもねって野党の追及は沙汰やみ。
    この調子だと、モリカケ問題同様に政権の逃げ切りを許す、毎度おなじみの情けなさだ。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/249661

    【【ゲンダイ】薬物犯罪は被害者なき犯罪という側面もある、芸能スキャンダル報道に血道をあげる前に、メディアはやるべきことがあるはずだ 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/22(火) 16:59:09.25 ID:CAP_USER
    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪


    年をまたいでくすぶり続けていた日韓のレーダー照射問題。

    防衛省は21日、海上自衛隊のP1哨戒機が韓国の駆逐艦から火器管制レーダーを照射されたとする新証拠を公開し、
    照射問題を巡る韓国との実務者協議を打ち切った。

    防衛省が公開したのは、P1哨戒機が探知した火器管制レーダーの電波を音に変換した記録。
    耳障りな高い音が18秒にわたって記録されているが、果たしてこれが決定的な証拠になるのかどうか、素人には判断できないシロモノである。

    気になるのは、音について「一部、保全措置を講じています」とのただし書きがあること。
    自衛隊が収集した画像や音声などは機密にあたるため生の情報を公開できないにしても、加工した「音」を客観的な事実と言えるかどうか。

    軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

    「哨戒機に搭載された赤外線カメラの映像を公開すれば、より詳細な事実が明らかになるはずです。
    しかし、防衛省としては、これ以上、軍事機密にあたる情報を公開するのは得策ではないと考えたのでしょう」

    案の定、韓国国防省は、防衛省が公開した「音」について、「(レーダーの)探知日時、方角、電波の特性などが確認されておらず、実体の分からない機械音」だと猛反発している。

    結局、防衛省の「新証拠」は問題解決の決定打とはならず、約1カ月に及ぶ日韓の“ドロ仕合”は収拾がつかないまま。
    軍事評論家の前田哲男氏が言う。

    「ここまで話をこじらせてしまった責任は政治にあると思います。実務レベルで解決できるはずの話を大きくしてしまった。
    レーダー照射の証拠として映像公開を指示したのは安倍首相ですからね。本当に問題を解決するつもりがあるのでしょうか」
    日韓関係の不和は、安倍の大好きな米国との関係にも水を差すという。

    「日米韓は、中国に軍事的に対抗するために協力してきました。日韓関係が冷えこむことを一番苦々しく思っているのは、米国でしょう。
    日韓で責任をなすりつけ合った結果、誰も得していません」(前田哲男氏)

    不毛な戦いをたきつけた安倍政権の罪は重い。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245949


    安倍の“感情判断”で…レーダー照射めぐり日韓応酬が泥沼化
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/244891

    【【日刊ゲンダイ】 日韓レーダー照射問題をこじらせた安倍政権の罪は重い 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/11(金) 18:12:21.89 ID:CAP_USER
    感情的になって頭に血が上る安倍首相に比べ、よほど冷静な発言だったのではないか。

    韓国人の元徴用工に対し韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた問題について、
    10日、韓国の文在寅大統領が年頭会見で、日本人記者の質問に答える形で見解を示した。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245256

    【【日刊ゲンダイ】 “徴用工問題” 韓国の文在寅大統領は感情的になって頭に血が上る安倍首相に比べ、よほど冷静な発言だったのではないか 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング