ます速ch

ニュースのニュースを扱うまとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。

    ゲンダイ

    1: 名無しです 2020/07/04(土) 21:32:57.78 ID:OGlasNfP9
    「アベガーの人の一日。朝、悪夢を見た、安倍が悪い。二日酔いか頭が重い、安倍のせいだ。(中略)仕事をしながら上手くいかないことがあると安倍首相の顔が浮かぶ。(中略)上司に叱られ、安倍のせいで集中力が落ちたと逆恨みをする。雨に降られ、安倍の呪いだと感じる。(中略)帰宅して配偶者と安倍首相の悪口を言い合う。ストレスで気が高ぶって眠れず、安倍はどこまで迷惑をかける気だと怒る。で、夢の中で安倍首相を批判して疲れて目覚める。病んでいる」(阿比留瑠比・産経新聞社政治部編集委員)

     これは阿比留氏の6月21日のフェイスブックでの発言。

     ちょっと長いけど(少し切ったがそれでも長いか?)、ぜひみなさんには全文をお読みになることをお勧めします。面白いから。

     この人こそ、思い切り病んでいるのではないか? 産経新聞よ、この人の行動や発言には、産経新聞と冠がついてしまうけど、大丈夫か?

    安倍首相が叩かれるのは、そうなるような理由がいくつもいくつもあるからだ。ゲンダイ読者には、わざわざいわなくてもわかるでしょ。

     安倍首相は政治家、この国の首相である。あたしたちの批判は不満は、受けなくてはならないのは当たり前だ。

     安倍応援団のほうがおかしいんだよ! 安倍政権に楯突く者に対して、嫌がらせをくり返す人間のほうが。たくさんいるじゃん、そういう人。人のSNSに粘着気味に張り付いて文句いってくる安倍応援団。そういや自民党で雇ってるんだってな。

     前出の阿比留氏がいうような人はごくわずかだとしても、それでなんか問題あるのか? ただの個人の意見じゃん。

     それに対し、安倍首相の批判や不満をいう個人を叩くほうが悪質だと思うけどね。

     安倍政権の批判は、今の社会に対する批判だ。その批判を批判するのは、個人の意見に圧をかけることだ。

     支持率落ちて、焦ってんのか?

    日刊ゲンダイ
    2020/07/03 06:00 
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/275470
    no title
     

    引用元: ・https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1593865977/

    【【室井佑月】産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/05/08(金) 17:25:28.21 ID:ZW6xCcLk9
    専門家会議は何のために存在するのか 元の生活に戻すためではないのか


    トップが無能で割を食うのは、いつだって一般庶民だ。
    4月7日に発出された緊急事態宣言の期限は6日だったが、5月末までの延長が決まり、連休が明けても出口の見えない不安な日々は続く。

    安倍首相は4日に記者会見を開き、延長について説明したが、相変わらずのポエム朗読会で精神論に終始。
    敬意と感謝、絆で新型コロナを乗り越えられると訴えた。

    その上で打ち出したのが「新しい生活様式」の定着という妄言だ。

    「帰宅したらすぐ着替える」、飲食店では「対面ではなく横並び」
    「おしゃべりは控えめに」など、およそ政策とは呼べず、真顔で国民に語る話とは思えない。

    「箸の上げ下げまでお上の指示に従わせる。コロナ禍が収束しないのは従わない国民のせいだと責任を押し付けているように感じます。
    専門家会議の尾身副座長も、一向にPCR検査が拡充されないことを長々と言い訳し、行政のせいにしていたから、あきれます。

    緊急事態宣言下の1カ月で政府や専門家会議は一体、何をやっていたのか。宣言を解除できなかったのは、明らかに政府が無能だからですよ。
    国民はもう十分に努力している。政府の御用機関のような専門家会議なら不要です」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)

    安倍は、5月末までは「収束に向けた1カ月」と定義しながら、「長期戦を覚悟」と言って「長丁場の対応」を求めた。

    同じ口で、状況を見て緊急事態を解除する可能性にも触れるという支離滅裂。
    緊急事態宣言の延長は結局、有効な対策を何ひとつ打てなかったという敗北宣言に等しい。

    政府や専門家会議の役割は、国民が元の生活を取り戻すことにあるはずだ。
    それができずに「新しい生活様式」を国民に強いるのは責任放棄でしかない。

    絶望的迷走を重ねる安倍や専門家は一刻も早く退陣すべきだ。それが収束への近道である。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272823

    引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588926328/

    【【日刊ゲンダイ】 何が「収束への1カ月」だ 専門家会議は何のために存在するのか】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/03/17(火) 17:12:02.99 ID:CAP_USER
    新型コロナウイルスのPCR検査が保険適用されてから10日以上が経った。だが、検査実施は全く増えていないことがわかった。
    16日の参院予算委員会で、蓮舫議員(立憲民主)が取り上げた。

    保険適用直前のPCR検査の実施件数は、1日当たり1100~1500件だったが、適用後も600~1800件と増えていない。

    2月1日~3月10日の間、「帰国者・接触者センター」への相談は全国で15万8669件あったが、
    検査実施は4446件と、わずか3%だったという。

    国の方針にしばられず、肺炎の疑いがあれば積極的に検査している和歌山県の実施率は34%だから、全国の実施率は極めて低い。
    検査件数が増えないのは、厚労省が医療機関への受診基準として「37.5度以上の熱が4日継続」を示しているからだ。

    蓮舫氏は検査を増やすために、受診基準の緩和を求めたが、加藤勝信厚労相は「ひとつの受診の目安として出させていただきました。
    インフルエンザやそれ以外の風邪は、通常通り受診をしてくれということであります」と珍答弁。
    患者が受診前に、コロナと風邪の見極めができたら苦労しない。

    検査難民をどうにかしないと、感染拡大や手遅れによる重症化リスクが高まる。実際、「陽性」を知らずに行動する感染者が相次いでいる。

    群馬県では、70代の男性医師が、発症後1週間、診察を続け、濃厚接触者は67人に上る。
    滋賀の50代の男性感染者は、発症後計6日間、会社に出勤していた。


    韓国は日本の20倍の25万件超の検査を実施している。日本も韓国のようにできないのか――。


    韓国の検査拡大はドライブスルー検査を活用したことが大きい。ドライブスルー検査は、英国、ドイツ、ベルギー、デンマーク、豪州など世界に広まっている。
    トランプ大統領もドライブスルー検査の導入により、1カ月以内に500万件の検査を行うと打ち出している。

    ドライブスルー検査は今や世界標準になりつつある。ところが、厚労省は導入を拒否。医師の診断を伴わないことが多く、検査の信頼性を疑っているからだ。

    医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。

    「世界中で行われているのに、日本のドライブスルー検査だけが信頼性に欠けるとでもいうのでしょうか。
    早期検査をして、無症状や軽症者は自宅待機、重症者を入院させれば、医療体制も維持できます。どうしてそのように方針転換しないのか理解に苦しみます」
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/270546

    【【日刊ゲンダイ】 日本も韓国のようにできないのか・・・今や世界標準のPCR “ドライブスルー” 検査】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/03/07(土) 18:21:51.96 ID:CAP_USER
    「緊急事態宣言」でコロナ独裁へ


    あらゆる対策に失敗し、「緊急事態」を招いた張本人が、混乱に乗じて権限強化を画策。まるで火事場ドロボーだ。
    安倍首相が新型コロナウイルス対策として、7年前に施行された「新型インフルエンザ等対策特別措置法」を改正し、「緊急事態宣言」を出す方針だ。

    10日に改正案を国会に提出し、来週中の成立を目指す。

    4日夕には野党各党の党首らと国会内でリレー会談し、改正案の成立に協力を求めた。
    普段は野党のことなど無視して好き放題やってるくせに、どうした風の吹き回しなのか。

    しかも、野党は当初から新型インフル特措法を新型コロナ対策にも適用する必要性を訴えていた。
    「適用できない」と言い続けてきたのは安倍首相の方なのだ。

    民主党政権で成立した法律だから使いたくなかったのではないか、と指摘する声も出ていたが、
    今頃になって特措法を持ち出し、野党とも協力する姿勢を見せているのは、なんともウサンくさい。

    現行の特措法では、首相が「緊急事態宣言」を出せば、外出自粛や施設の使用制限を要請できる。
    国会の承認は不要で、期間上限は2年間。1年間の延長が可能だ。

    改正案では、新型コロナを指定感染症にした2月1日から「2年を経過する日までの間」を期限とし、「政令で定める日まで」を適用対象とするという。


    ■全権委任法と同じナチスの手口

    「それなら、わざわざ法改正しなくても、新型インフルエンザ“等”が対象の現行法で対応可能なはずです。
    時限措置といいますが、東京五輪のためなら2年間も必要ないでしょう。この先2年以内には、自民党総裁選や衆院総選挙がある。

    緊急事態を理由に、総裁や衆院議員の任期延長を決めてしまう可能性もあります。法を散々ねじ曲げてきた安倍政権だから、どう悪用するか分かりません。
    議会で全権委任法を成立させて、合法的に独裁を確立したヒトラーと同じことを企んでいるのではないか。

    民主党政権が作った特措法には反対できないともくろんで、野党も巻き込み、独裁の連帯責任を負わせようとしているように見える。
    非常に危険です」(政治評論家・本澤二郎氏)

    緊急事態宣言は、国民の人権を制限する強大な権限となる。法改正するなら、国会の承認を必要とするなどの制限を課す方向でやるべきだ。
    科学的根拠もないままの発令を許すわけにはいかない。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/269990

    【【日刊ゲンダイ】 全権委任法と同じナチスの手口、安倍首相 コロナ独裁へ】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/03/06(金) 18:12:17.02 ID:CAP_USER
    また、安倍首相が唐突に打ち上げた。5日、中国と韓国からの入国者全員を指定の場所に2週間待機させる方針を表明した。
    運用は9日から月末まで。現地に滞在する日本人も対象になる。入国者を全員2週間も隔離するのは、異例の措置だ。事実上の「入国拒否」である。

    「寝耳に水」だった韓国は、さすがにカンカンになっている。韓国大統領府の政策室長は5日夜
    「過激な措置だ。失望している」と表明、在韓日本大使に厳重に抗議するという。

    中国の感染者は8万人、韓国の感染者も5700人と世界1、2位だ。
    しかし、日本もすでに感染者が1000人を突破し、毎日、新たに感染者が出ている。
    いずれ中国と韓国から“報復”されるだけでなく、世界中から入国を拒否される恐れがある。

    安倍首相は「諸外国で感染が拡大する中、いまが正念場だ。水際作戦でも積極、果断な措置を講じる」と説明している。

    しかし、2週間の隔離政策が、どこまで効果を発揮するかは不明だ。
    すでに日本政府は、感染者が多い中国の湖北省や、韓国の大邱市からの入国を拒否しているからだ。

    どうせ実施するなら、もっと早くやるべきだったのではないか。そもそも、いまわざわざ日本に来る中国人と韓国人は少ない。
    このタイミングで安倍首相が中国、韓国からの入国に制限をかけた狙いはなにか。

    立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)はこう言う。

    「突然、全国一律の“学校休校”を要請したのと狙いは同じでしょう。コロナ対策が後手後手となり、
    安倍政権は支持率が下落していた。支持率をアップさせるために慌てて“やっている感”を出そうとしたのでしょう。

    中国と韓国に打撃を与えると安倍支持者が喜ぶという計算もあったはず。中国の習近平国家主席の国賓来日が延期になったことも大きかったのだと思う。
    気を使わなくてよくなったと判断したのでしょう。それと、緊急事態だという空気を広げることで、
    国民が“改憲”と“緊急事態法”の導入を受け入れやすくする狙いもあるのだと思います」

    本当に国民の健康と命だけを考えた措置なのか。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/270056 
    2E2A2645-BE8C-4F5D-A3CD-6CB2FC112E2F
     

    【【日刊ゲンダイ】 “入国拒否” 「寝耳に水」だった韓国は、カンカンになっている、いずれ中国と韓国から “報復” される恐れがある】の続きを読む

    このページのトップヘ