ます速ch

主に新聞、ニュース、政治家、東アジアなどの話題を わかりやすくまとめていきます。

    ゲンダイ

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/22(火) 16:59:09.25 ID:CAP_USER
    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪


    年をまたいでくすぶり続けていた日韓のレーダー照射問題。

    防衛省は21日、海上自衛隊のP1哨戒機が韓国の駆逐艦から火器管制レーダーを照射されたとする新証拠を公開し、
    照射問題を巡る韓国との実務者協議を打ち切った。

    防衛省が公開したのは、P1哨戒機が探知した火器管制レーダーの電波を音に変換した記録。
    耳障りな高い音が18秒にわたって記録されているが、果たしてこれが決定的な証拠になるのかどうか、素人には判断できないシロモノである。

    気になるのは、音について「一部、保全措置を講じています」とのただし書きがあること。
    自衛隊が収集した画像や音声などは機密にあたるため生の情報を公開できないにしても、加工した「音」を客観的な事実と言えるかどうか。

    軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

    「哨戒機に搭載された赤外線カメラの映像を公開すれば、より詳細な事実が明らかになるはずです。
    しかし、防衛省としては、これ以上、軍事機密にあたる情報を公開するのは得策ではないと考えたのでしょう」

    案の定、韓国国防省は、防衛省が公開した「音」について、「(レーダーの)探知日時、方角、電波の特性などが確認されておらず、実体の分からない機械音」だと猛反発している。

    結局、防衛省の「新証拠」は問題解決の決定打とはならず、約1カ月に及ぶ日韓の“ドロ仕合”は収拾がつかないまま。
    軍事評論家の前田哲男氏が言う。

    「ここまで話をこじらせてしまった責任は政治にあると思います。実務レベルで解決できるはずの話を大きくしてしまった。
    レーダー照射の証拠として映像公開を指示したのは安倍首相ですからね。本当に問題を解決するつもりがあるのでしょうか」
    日韓関係の不和は、安倍の大好きな米国との関係にも水を差すという。

    「日米韓は、中国に軍事的に対抗するために協力してきました。日韓関係が冷えこむことを一番苦々しく思っているのは、米国でしょう。
    日韓で責任をなすりつけ合った結果、誰も得していません」(前田哲男氏)

    不毛な戦いをたきつけた安倍政権の罪は重い。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245949


    安倍の“感情判断”で…レーダー照射めぐり日韓応酬が泥沼化
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/244891

    【【日刊ゲンダイ】 日韓レーダー照射問題をこじらせた安倍政権の罪は重い 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/11(金) 18:12:21.89 ID:CAP_USER
    感情的になって頭に血が上る安倍首相に比べ、よほど冷静な発言だったのではないか。

    韓国人の元徴用工に対し韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた問題について、
    10日、韓国の文在寅大統領が年頭会見で、日本人記者の質問に答える形で見解を示した。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245256

    【【日刊ゲンダイ】 “徴用工問題” 韓国の文在寅大統領は感情的になって頭に血が上る安倍首相に比べ、よほど冷静な発言だったのではないか 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/12/28(金) 12:38:29.92 ID:CAP_USER
    海上自衛隊の哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦からレーダーの照射を受けた問題は、日韓双方で主張が食い違い、収拾がつかなくなっている。
    はたして、日韓どちらの言い分が正しいのか。いま話題となっているのが、第29代航空幕僚長だった田母神俊雄氏が投稿したツイッターだ。

    田母神氏は21日、「韓国艦艇が海自対潜哨戒機に火器管制レーダーを照射したことで日本政府が危険だということで韓国に抗議したという。
    全く危険ではない」と自身のツイッター上で政府に苦言を呈しているのだ。要するにレーダー照射は大したことじゃない、ということらしい。

    投稿の反響について田母神俊雄事務所に問い合わせると、ツイッターの投稿以降、
    事務所には「韓国の肩を持つのか」といったクレームが殺到し、対応に追われているという。

    軍事の専門家からすると、火器管制レーダーの照射は、「危険な行為ではない」ということなのか。
    軍事評論家の田岡俊次氏はこう説明する。

    「火器管制用のレーダーの照射を受けても、相手の艦がミサイルを発射機に装填していないとか、垂直発射機のフタを開けていなければ『引き金を引く寸前』ではない。
    冷戦時代に米ソ海軍は互いに激しい嫌がらせをし、衝突も起きたから、1972年に米ソは海上事故防止協定を結び多くの危険な行為を禁止した。

    日本も93年に日露海上事故防止協定を結んだが、いずれも火器管制レーダーの照射を危険行為としていない。
    2013年に中国軍艦が日本の護衛艦に火器管制レーダー照射をした際も、当初海上自衛隊は問題にしていなかったが、
    日本にいる元米国外交官が、『米軍はレーダーで照射されれば直ちに攻撃する』と言い、日本では『そんな大変なことか』と騒ぎになった」

    どうやら、田母神氏のツイッターはそう間違ってはいないらしい。
    https://news.nifty.com/article/domestic/gendai/12136-155100/

    【【日刊ゲンダイ 】 専門家が口をそろえる韓国照射 火器管制レーダーの安全性 “レーダー照射は大したことじゃない” 】の続きを読む

    1: クロ ★ 2018/10/10(水) 16:58:48.79 ID:CAP_USER9
    国民の怒りはもはや頂点に達した。安倍首相が辞めさせないなら、国民が引きずり降ろす以外にない。狙いはもちろん決まっている。第4次安倍改造内閣で留任した“ヒョットコ顔男”こと、麻生財務相のクビだ。

     麻生氏留任に対する国民の不信感は募る一方だ。NHKが9日報じた世論調査でも、麻生氏留任を「よくなかった」が42%に達した。毎日新聞の調査でも「評価しない」が61%に上り、共同通信の調査でも、5割以上が「よくなかった」と回答している。

     どの世論調査でも、国民の多くが“ノー”を突きつけているにもかかわらず、当の本人はシレッとしたもの。相変わらずの「べらんめぇ調」で、記者をにらみつけ、上から目線でエラソーなことばかり言っている。財務省の決裁文書改ざんを主導した佐川宣寿前国税庁長官についても、「極めて有能な行政官だった」と言い、自身の監督責任を棚に上げて居直ったまま。安倍首相の言う「丁寧」「謙虚」「真摯」のカケラもない。親の七光で飯を食い、税金をしゃぶり、ロクに漢字も読めない破廉恥人間のクセに、これまた一部の大マスコミや取り巻きから「親分肌」「麻生節」などと持ち上げられてカン違いしているから、どうしようもない。

    もはや、こんな大臣を放っておいたら日本は世界の笑いもの。そう考えた「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は10日から、麻生氏辞任を求める署名を始めた。来月11日には、財務省前で“麻生追放”デモを行う予定だ。同会の醍醐聰東大名誉教授がこう言う。

    「麻生さんの辞任要求については、森友問題の徹底解明や佐川前長官の辞任要求と合わせて、すでに1万3719筆の署名を財務省に提出していますが、新たに麻生さんの辞任に的を絞った署名を集め、来月に提出しようと考えています。麻生さんは安倍政権のアキレス腱。文書改ざんが行われ、職員が自殺する事態になったのに、財務省の対応を『適正』などとトンチンカンなことを言っている。これは財務省のトップがガバナンスを踏みにじっている異常事態であり、徹底して辞任を求めていきます」

     麻生氏が大臣を辞めるまで追放を求める運動は拡大するばかりだ。

    日刊ゲンダイ
    2018/10/10 14:51
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/239192/

    【【署名運動も始まった】麻生財務相の“追放運動”は拡大の一途 】の続きを読む

    1: クロ ★ 2018/09/28(金) 11:25:41.61 ID:CAP_USER9
    「麻生さんは、ボクは入れちゃいけないと思いますよ」(橋下徹・元大阪府知事)

     これは、橋下さんが22日、「ウェークアップ! ぷらす」(日本テレビ系)に出演し、語った言葉なんだって。同日のスポーツ報知のニュースサイトに載っていた。

     入れちゃいけないというのは、もちろん新安倍内閣にだ。

     橋下氏は麻生財務大臣を「すごい政治家」と誉めつつも、

    「だって麻生さん入れてしまったら、財務省のあのとんでもない不祥事の責任を取らせないのかってことになるじゃないですか」

    「あの財務省のとんでもない不祥事に納税者としては納得できない」

     と発言した。

     そう、その通りですよ! 森友問題の公文書改ざんという前代未聞のスキャンダルがありながら、大臣は監督責任を負わなくていいのか。

    ほかにも、甘利元経済再生相や、小渕元経産相の入閣が噂されているけどさ。

     甘利さんといえば、2013年、大臣室で陳情に来た業者から50万円の現金を受け取った人。んでもって、URとの不正が出てくると、睡眠障害といってマスコミから逃げた人。

     この人、テレ東の取材で、

    「日本なんてどうなってもいい、俺の知ったこっちゃない!」

     って言ったんだよ。さすがにこれにはびっくりだった。なら、なぜ政治家やってんだ、って話じゃん。

     小渕さんは、東京地検特捜部の捜査前に、事務所がパソコンのハードディスクにドリルで穴を空け、証拠隠滅しおった。で、〈ドリル優子〉とあだ名までつけられた人。

     自民党総裁選、安倍応援団による恫喝やら締め付けがバレてしまい、怖くない自民党を演出するため、石破さんに票を入れた人も一応取り入れなきゃ、っていってもさ。それでいいの?

     てか、政治家ってなにをやっても許されるんだろうか?

    日刊ゲンダイ
    2018/09/28 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/238323/

    【【室井佑月】麻生氏が入閣? 財務省不祥事の責任を負わずしていいのか 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング