ます速ch

ます速は、 主に新聞、tvニュース、政治家などの方向性の疑問、不信感、などを わかりやすくまとめていきます

    東アジア

    1: たんぽぽ ★ 2018/02/07(水) 06:34:39.79 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000135-dal-spo
    デイリースポーツ

     日本オリンピック委員会(JOC)は6日、7日の午後に予定されていた選手村入村式について、練習時間との兼ね合いと、厳しい寒さが続く中で体調管理を最優先する方針から選手の出席を断念することを発表した。

     入村式は各五輪組織委員会が主催するもので、毎回各国の趣向を凝らした出し物で歓迎してくれる。毎回入村している選手が参加していたが、マイナス10度近い気温が続いている中で、今回は断念することとなった。

     まだ開幕前ながら、五輪が開催される韓国・江陵、平昌地域は例年以上の厳しい寒さが続いており、平均気温がマイナス11度だったという1994年のリレハンメル五輪を超える歴史的な“極寒五輪”となる可能性が指摘されている。9日に屋根のないスタジアムで行われる開会式についても、選手の参加に対する懸念の声が強まっている。

    3

    【【平昌五輪】JOCが選手村入村式の選手出席を断念 寒さ厳しく体調管理優先[02/07] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/02/07(水) 06:38:46.11 ID:CAP_USER
    http://www.sanspo.com/pyeongchang2018/news/20180207/pye18020705020012-n1.html

     国際オリンピック委員会(IOC)が、平昌五輪に出場するアイスホッケー男子の韓国代表GKが着用するヘルメットのデザインが五輪憲章に抵触するとして、今大会で使用しないよう勧告していたことが6日までに分かった。

     複数の韓国メディアによると、IOCは同国代表GKマット・ダルトン(31)がかぶるヘルメットの左側頭部に描かれた李舜臣将軍像が、「いかなる種類のデモンストレーションも、政治的、宗教的、人種的プロパガンダも許可されない」と定めた五輪憲章に抵触すると判断した。代表チームは、将軍像部分はテープで隠して出場すると発表した。

     李舜臣は16世紀に豊臣秀吉が朝鮮出兵を行った際に日本と戦った武将。韓国では近年「抗日」の象徴とされている。

    2

    【【平昌五輪】ヘルメットに「抗日」英雄像 IOC、韓国アイスホッケー選手に使用禁止勧告[02/07] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/02/06(火) 19:30:01.96 ID:CAP_USER
    平昌オリンピックのボランティアを務める大学生のAさん(女)=20=は最近、宿所で大変驚いた。
    午後の出勤に向け昼の12時ごろトイレのシャワーを使用したところ、冷水しか出なかったのだ。

    かなり待ったものの温水が出ないため、宿所に確認したところ、「昼の12時から4時まで(午前0時から午前4時を合わせて
    1日計8時間)は温水供給が絶たれる」との回答が返ってきた。Aさんは仕方なく「冷水」のシャワーを浴びた。

    「(体感温度)マイナス20度の寒さで温水の出る時間帯が制限されているなんて、話にならない。
    自分の金を出してまでここに泊まろうとは思わない」と不満気味だった。

    同じく平昌でボランティアを務めるBさん(24)は、オリンピックの期間中、宿所がある束草から
    勤務地のアルペンシア・リゾートまで往復3時間の距離を通勤する。Bさんが宿所の変更を申し出たものの、
    平昌オリンピック組織委員会は「さまざまな状況を考慮した上で割り当てたため、宿所の変更は難しい」との立場を示した。

    勤務時間に移動時間を加えると、1日に12時間以上にもなるというBさんは「やる気を持って志願したボランティアだが、
    勤務条件は思ったよりきつそうだ。オリンピックはまだ始まってもいないのに、すでに心が折れている」とつぶやいた。

    世界的な冬季スポーツの祭典を目前に控え、平昌のボランティアが「きつい職種」の一つとして浮上している。
    オリンピックの「花」であるボランティアに対するひどい待遇や勤務環境の問題が、大会の幕開け前から取り沙汰されている。

    平昌オリンピックのボランティアのためのフェイスブック・ページ、大統領府の国民請願掲示板などには
    「ボランティアたちは使い捨てか」「待遇の改善が必要だ」などの書き込みが数百件アップされている。

    平昌オリンピックには約1万5000人のボランティアが参加するが、1月31日までに全体の半数がすでに現場に投入されている。

    ボランティアたちが最も問題視しているのは宿所だ。ボランティアたちは、平昌や江陵地域を含む計38カ所の宿所に別れて宿泊する。
    そのほとんどの宿泊施設には大きな問題がないが、一部は非常にひどい状況だ。

    中でも、江原道横城郡のC宿所が代表的だ。暖房は比較的良好だが、温水の供給時間が決まっていて、
    宿所の1階には洗濯機がたったの3台しか置かれていない。C宿所に泊まっているあるボランティアは「会場での勤務を終えて帰ってくると、
    皆洗濯するために、自然と戦争になる」という。現在約100人が宿泊しているが、状況は変わっていないという。

    オリンピックが開催されれば、500人を超える人員が同宿所で宿泊(5人部屋)するようになる。
    「洗濯機の取り合い」がさらに悪化するのは火を見るよりも明らかだ。

    このほか、防音設備が全く施されていない部屋、トイレの悪臭、害虫などの不満が寄せられている宿所もある。

    ボランティアたちは「もてなしを受けるつもりはないが、最低限の待遇はしてくれたらと思う」と口をそろえる。
    あるボランティアは1月13日、大統領府の国民請願掲示板に「多くの若者が国家的大会が大成功することを願って奉仕している。
    見返りを求めようとは思わないが、生活する上で不便なことがないよう改善することが必要だ」と書き込んだ。

    60代のボランティアは「指定されたことが受け入れられないなら、ボランティアの資格を取り消してもいいという組織委の大きな態度には、
    ボランティアから不満の声が上がっている」と書いた。

    組織委側は「全ての問題を解決するのは現実的に難しい。急を要する問題から解決するよう努力する」と回答した。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/06/2018020601528.html

    【【平昌五輪】 冷水シャワー、トイレの悪臭、害虫・・・ボランティアが不満爆発 「自分の金を出してまでここに泊まろうとは思わない」 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/02/06(火) 11:21:01.15 ID:CAP_USER
    平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)職員宿舎で食中毒が回って疾病管理本部が疫学調査に入った中で、職員がこれまで不潔な衛生状態を指摘してきたにもかかわらず特別な措置がなかったというJTBCの報道が5日、出た。

    取材陣のカメラには飯粒のついたシンク台、汚いスプーン、使用禁止の立て札がついた飲料水台が捉えられた。この宿舎に留まっていた競技場セキュリティー職員が4日夜から腹痛を訴えるなど、集団食中毒症状を見せたことを受け、5日疾病管理本部は職員を対象に疫学調査を進めた。

    あるセキュリティー職員は「嘔吐がひどすぎて一日にも朝に3~4回ずつ吐いて昨日も耐えてみたがやっと(病院に)行った」と話した。該当宿舎で留まっていた職員がノロウイルス感染とされる症状を見せている中で、一部は確診判定を受けたことが分かった。

    集団食中毒事態は予想されたことという証言も出た。その間職員が「水から腐った臭いがする」と数回にわたって訴えたが、いかなる措置も取らなかったということだ。

    組織委はこの宿舎に留まっている職員業務を中断させ、症状を訴える職員を隔離措置した。だが、代替人材が適時に到着できず競技場で徹夜をした職員が今朝6時間以上追加勤務をしなければならないなど、混乱が続いたと伝えられた。

    五輪セキュリティー担当職員のチョン・ソダムさんは「ほとんど18時間程度勤務した状態」として「食べたのは主催側が提供した弁当だけ」と話した。


    2018年02月06日11時01分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/321/238321.html?servcode=400&sectcode=430 
     F5591F19-7C08-4CEB-84CF-57FF5301C880

    【【平昌五輪】集団食中毒…「水の腐った臭いを訴えても措置なし」[02/06] 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/02/06(火) 07:30:58.98 ID:CAP_USER9
     【ソウル共同】韓国の情報機関、国家情報院が李明博政権時に、大統領府に裏金を上納したとされる事件で、韓国検察は5日、李氏の側近で大統領府の元総務企画官、金伯駿容疑者を、高額賄賂犯罪を裁く特定犯罪加重処罰法上の収賄罪などで起訴した。起訴状は、李氏が国情院に直接裏金を要求したと指摘、李氏を「主犯」と位置付けた。

     聯合ニュースが報じた。李氏の刑事責任追及は確実で、逮捕される可能性も出てきた。検察は2月25日の平昌冬季五輪終了を待ち取り調べる見通しだ。

     韓国では朴槿恵被告も多額の収賄罪などで公判中。2人の大統領経験者の刑事責任が追及される事態が現実味を帯びている。

    李明博氏(左)、金伯駿容疑者
    no title


    2018年2月5日 17時34分
    東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018020501002099.html

    【【韓国】李明博・元大統領を収賄主犯と指摘、韓国検察、逮捕の可能性も 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング