ます速ch

ます速は、 主に新聞、tvニュース、政治家などの方向性の疑問、不信感、などを わかりやすくまとめていきます

    東アジア

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/09(月) 20:43:39.10 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000107-jij-kr
    時事通信

     【ソウル時事】韓国政府は9日、韓国による日本産水産物の輸入禁止措置について日本の勝訴とした世界貿易機関(WTO)紛争処理小委員会(パネル)の判断を不服として、最終審に相当する上級委員会に上訴したと発表した。

     既存の輸入規制はWTOの紛争解決手続き終了まで維持される。

     韓国は2011年3月の東京電力福島第1原発事故後、青森、岩手、福島、宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の8県産の水産物の輸入を一部制限、13年9月には全面禁止している。

     韓国政府は声明で「日本の原発の状況や、食の安全の重要性などを勘案すれば、パネルの判断には問題がある」と強調。その上で「(結果は)上訴から約3カ月後に下されるが、最近、WTOへの上訴が増加しているため、実際には、規定よりも遅れる可能性がある」と説明した。

     WTOのパネルは、韓国の輸入禁止措置について「恣意(しい)的、または不当な差別に当たる」と判断。WTO協定に違反しているとして、是正を勧告した。

    【【韓国】WTOに上訴=水産物輸入禁止、日本勝訴で[04/09] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/09(月) 20:45:58.86 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000106-jij-cn
    時事通信

     【北京時事】中国外務省の耿爽・副報道局長は9日の記者会見で、激化する米国との貿易摩擦に関し、「最後に笑うのはわれわれだと確信を持っている」と述べ、一歩も引かない構えを強調した。

      耿氏は、中国海南省で8日開幕したボアオ・アジアフォーラムに出席するため訪中した各国首脳や国際機関トップが保護主義に反対する考えをそろって示していることを指摘し、「米国の誤ったやり方は国際社会の懸念を引き起こしている」と米国を批判した。

     米側が交渉による解決を呼び掛けていることについても耿氏は「制裁というこん棒を振りかざしながら、交渉したいという。そんな芝居を誰に見せるのか」と述べ、否定的な考えを示した。

    【【中国】「最後に笑うのはわれわれだと確信」=米との交渉を否定―中国外務省[04/09] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/09(月) 19:47:54.30 ID:CAP_USER
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2018/04/09/0900000000AJP20180409002700882.HTML
    BFD8B71F-5F40-49DC-8094-58C8FF591CE6

    【ソウル聯合ニュース】韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は9日、南北・米朝首脳会談を控えた朝鮮半島情勢と関連し、「政府は今回の(南北)会談を必ず成功させ、その成果を基に北と米国の会談も実を結ぶよう最善を尽くす」とし、「南北が手を握り関連国と共に非核化・平和定着の道を進み始める」と述べた。野党「民主平和党」が開催した「朝鮮半島平和体制構築緊急討論会」のあいさつで述べた。

     また、米国や関連国の支持を得て開催される今回の南北首脳会談が大切な機会だとした上で、「朝鮮半島の冷戦体制を終わらせ、南北が共存して繁栄する新しい歴史を作る」と強調した。

    【【韓国】韓国統一相「南北が手を握り非核化・平和定着を始める」[04/09] 】の続きを読む

    1: マカダミア ★ 2018/04/09(月) 13:51:56.26 ID:CAP_USER
    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は7日、朝鮮半島を取り巻く情勢の流れから日本が取り残されているとして、そうした状況は「自ら招いたもの」だとする論評を配信した。

    「政治的『島国』の運命は自ら招いたもの」と題された論評は、次のような表現で、口を極めて安倍政権を罵倒している。

    「安倍政府の旧態依然とした対朝鮮敵視強硬政策と態度は地域情勢の流れの縁に押し出された島国一族の困窮なたわごとにすぎない」

    「安倍政府の政治的近眼と後進性は日本有史以来、最悪を記録している。彼らの言動は一つ一つが周辺諸国の要求や利害関係には関わらず、またはそれを悪用して自分らの利益だけをむさぼろうとする低俗で一方的なもので一貫している」

    「地域の要求と大勢を知らなければ、政治的にも孤立した『独りぼっちの島国』の運命を永遠に免れないということを日本は知るべきである」

    (参考記事:朝鮮中央通信「政治的『島国』の運命は自ら招いたもの」全文)

    北朝鮮メディアは南北首脳会談(4月27日)と米朝首脳会談(5月)を控え、米韓に対する非難を抑制する一方で、日本批判のトーンを高めている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14548566/ 
    028F73A9-74EA-4D76-B508-E923A5A3F771
     

    【【北朝鮮】「政治的『島国』の日本は独りぼっちの運命」 強硬政策を崩さない日本批判強める [04/09] 】の続きを読む

    1: ザ・ワールド ★ 2018/04/09(月) 12:03:34.27 ID:CAP_USER
    朝鮮中央通信は4月7日、「政治的『島国』は自ら招いたもの」という論評を配信した。

    その中で、「(北朝鮮との対話を)急ぐ必要は全くなく、むしろ北朝鮮に利用されうると、
    朝鮮半島の対話の雰囲気に水を差すたわごとをまたもや言い並べて内外の非難をかき立てた」と、
    先月31日に河野太郎外相が高知県で行った講演を念頭に批判。

    また安倍政権の対北朝鮮政策が、「圧力一辺倒」から変化がないとして、
    「旧態依然とした対朝鮮敵視強硬政策と態度は地域情勢の流れの縁(ふち)に押し出された島国一族の苦しいたわごとにすぎない」とした。

    また、日本外交が孤立しているとして
    「今、日本が大きく懸念している『日本疎外』現象は誰それによってではなく、日本が自ら招いたものである」
    「地域の要求と大勢を知らなければ政治的にも孤立した「独りぼっちの島国」の運命を永遠に免れないということを日本は知るべきである」と結んだ。

    安倍首相は17日から訪米するが、「圧力一辺倒」路線をトランプ大統領に求めることをけん制する狙いがあると見られる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00010002-asiap-kr 
    213C9B4E-E7E3-4222-9B30-FBF2A744B8DA
     

    【【北朝鮮】河野外相を痛烈に批判 「圧迫共助に他国引き込む」と非難 日米会談を牽制 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング