ます速ch

ます速は、 主に新聞、tvニュース、政治家などの方向性の疑問、不信感、などを わかりやすくまとめていきます

    ジャーナリスト

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/06/29(金) 19:13:11.36 ID:CAP_USER9
    2018/06/29 11:00:00
    平成を駆け抜けた番組たち
    第2回
    『朝まで生テレビ!』田原総一朗&渡辺宜嗣、タブー打ち破ってきた31年
    中島優


    編成局長を騙して天皇制議論
    2019年4月30日に幕を下ろす「平成」。マイナビニュースでは、「平成」の中で生み出されたエンタメの軌跡をさまざまなテーマからたどる。
    この「平成を駆け抜けた番組たち」は、平成の幕開けと同じ時期にスタートし、現在まで30年にわたって続く番組をピックアップ。そのキーマンのインタビューを通して、番組の人気の秘密を探っていく。

    第2回は、平成が始まる約2年前の昭和62(1987)年4月にスタートした、テレビ朝日系討論番組『朝まで生テレビ!』(毎月最終金曜 深夜1:25~)。番組スタート時から出演し続ける司会のジャーナリスト・田原総一朗氏と、
    進行のテレビ朝日・渡辺宜嗣アナウンサーに、天皇制、原発、被差別部落、暴力団など、テレビで扱うのはタブーとされてきたテーマに果敢に挑んできた舞台裏を聞いた――。

    (写真)
    田原総一朗氏(左)渡辺宜嗣アナウンサー


    「討論の時間無制限一本勝負」

    ――『朝まで生テレビ!』は、スタートして31年という長寿番組になりましたが、どのような経緯で始まったのですか?

    田原:もともとテレビ局の深夜はほとんど再放送だったんだけど、フジテレビが『オールナイトフジ』っていう若い女性が出てきて水着姿にもなる番組をやってウケたんですね。
    そこで各局が深夜番組をやろうとなって、テレビ朝日の編成局長だった小田久栄門という人に「なにか考えてくれ」と言われまして。まず、深夜番組は制作費が高くないから有名タレントが出せない、
    かつ少なくとも終電で来て始発で帰れる番組にしたいといったことをいろいろ考えて、その当時の1986年は、ソ連でゴルバチョフがペレストロイカを唱えて、これは冷戦が終わるという流れがあった。
    戦後、アメリカを中心とした資本主義の西側と、ソ連を中心とした共産主義の東側の対立がずっと続いてきて、日本でも、保守の自民党と革新の野党。もっと言えば、「競争か平等か」というのが戦後のあらゆる討論の対立軸だったんですよ。
    冷戦が終わって、じゃあ新しい軸は何になるのか、今までの討論のすべての構造が変わるので、これは面白いんじゃないかと思った。実は、テレビっていうのは、討論番組が一番面白いと思ってる。

    ――それはなぜですか?

    田原:討論に負けたら、政治家も学者も失脚する恐れがあるんですよ。そうすると、勝つか負けるかの戦いになるので、プロレスの言葉を使って
    「討論の時間無制限一本勝負」と小田さんに説明した。負けた方はこれで終わってしまうというギリギリのところでやったら、面白いんじゃないかと。

    ――今で言う“ガチンコ”ってやつですね。

    田原:そうそう。それに小田さんが「面白い。やろうじゃないか」と乗ったんですよ。こうして僕が企画したんだけど、自分で司会をやるなんて思ってもみなかった(笑)

    ――初回は利根川裕さん、2回目が筑紫哲也さんで、3回目から田原さんの司会ですね。

    田原:結局言い出しっぺだからやるって話になったんですね。

    →「天皇論をやりたい」「バカ野郎」
    →最大のタブーだった被差別部落問題

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://news.mynavi.jp/article/heiseitv-2/
    43

    ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
    次のページ 暴力団の組長も出演
    https://news.mynavi.jp/article/heiseitv-2/2
    次のページ 殺されてもいいと思ってやってる
    https://news.mynavi.jp/article/heiseitv-2/3

    【『朝まで生テレビ!』田原総一朗&渡辺宜嗣、タブー打ち破ってきた31年】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/05/26(土) 06:50:07.34 ID:CAP_USER9
    5月10日、衆参予算委員会で、元首相秘書官の柳瀬唯夫さんの参考人質疑が行われた。
    柳瀬さんはさまざまな答弁をした。だが、国民のほとんどは、それらを嘘だと捉えているだろう。

    柳瀬さんはこれまで、「記憶のかぎりでは、愛媛県や今治市職員にお会いしたことはない」としてきた。
    しかし、今回の参考人招致では、一転、加計学園の関係者との面会を認めた。
    だがその一方で、愛媛県や今治市の職員については、「いたのかもしれない」と発言を変えている。
    「後ろの方にいたから気づかなかった」と言うのだ。

    これに対して、「職員はメインテーブルに座っていた、後ろじゃない」と愛媛県知事は怒った。
    しかも、愛媛県知事によると、名刺交換もしているという。

    そもそも柳瀬さんは、加計学園の関係者と3度も会ったという。
    それは京都産業大学など他の候補もあるなかで、明らかな「えこひいき」ではないのか。やってはならないことだ。

    ところが柳瀬さんは、加計学園問題について、安倍首相から指示を受けていない、報告もしていないという。
    では、首相秘書官が勝手にやったというのか。であれば、上司に叱られて当然だろう。

    衆議院議員江田憲司さんは、柳瀬さんの証言について、首相に対して報告するのは責務であり、怠るのは無神経だと語る。
    江田さんは、橋本龍太郎さんが首相のときの秘書官だ。

    では、なぜ首相秘書官として当然の「報告」を、柳瀬さんは「しなかった」と嘘をつくのか。

    すべては安倍首相の、「加計学園のことについては、1月20日まで知らなかった」という発言を、
    「嘘にしない」ためだったのだろう。もし「報告した」と柳瀬さんが答弁すれば、
    この発言は、安倍首相がとんでもない嘘をついた、ということになるのだ。

    いま、日本の政治は、嘘を守るために嘘をつくという、実に情けない状況になっている。

    一方で、森友学園問題では、財務省による文書の改ざんが明らかになった。しかもその改ざんを国民に隠していたのだ。
    民主主義国家として、あってはならない事態だ。

    しかも、麻生太郎さんは責任を取って金融担当大臣を辞めるものと誰もが思っていた。
    僕が話を聞いた自民党の幹部も、そうなるだろうと言っていた。だが、安倍首相は麻生さんを辞めさせなかった。
    それどころか、麻生大臣は、「改ざんは個人の資質」だとして、組織の責任ではないと発言した。大失言だ。

    もはや安倍内閣は、問題と矛盾ばかりだ。当然、内閣支持率は落ちるだろう、と僕は考えていた。ところが違った。

    14日の共同通信の調査で、なんと、安倍内閣の支持率は、落ちるどころか、37%から38.9%に上がっているのだ。
    日経新聞の調査でも、支持率43%と高いままだ。これは、非常に大きな問題だと僕は考えている。

    野党6党は安倍内閣に対し、麻生大臣の辞任、森友学園の疑惑解明など、4つの要求に応えなければ、
    国会審議を拒否するとしていた。ところが、これらの問題に何ひとつ応えていないのに、野党は審議拒否を止めたのだ。
    それは、なぜか。

    これ以上、審議拒否することは、国民の反発を招くと、野党が判断したのだ。
    現に、少なからぬ新聞が、審議拒否はけしからんと、野党を叩いた。
    北朝鮮問題など外交問題が山積みの状況で、小さい問題にこだわっていると批判したのだ。
    野党は、こうした批判に屈した。

    しかし、それでもなぜ国民は、安倍内閣を支持するのか。僕の長いジャーナリスト人生でも、
    これだけ問題山積みの内閣が、支持率を下げるどころか、上げるなんてことは初めてだ。

    与党も野党もメディアも、この初めての状況に、とまどっている。
    僕は、この国に何が起きているのかをしっかり見極めていきたい。

    BLOGOS
    http://blogos.com/outline/299746/ 

    50

    【【田原総一朗】ついに支持率が上がりはじめた安倍内閣、何が起きているのか?→「自分たちの工作が通用しなくて戸惑っている」】の続きを読む

    1: サンキュー! ★ 2018/04/28(土) 12:10:04.94 ID:CAP_USER9
    田原総一郎氏、世論調査の結果を完全無視

    三浦瑠麗
    「(麻生大臣の辞任に関して)世代間ギャップがある」

    田原総一朗
    「麻生は全くダメ。辞めた方がいい」

    三浦瑠麗
    「田原がそう思うのに対して、実は20代の人は辞めなくていいと思ってる」

    田原総一朗
    「思ってない!」

    ▼ネット上のコメント

    ・坂上忍さんと同じタイプ。俺様だけが正しい人。

    ・絵に描いたような老害や。。

    ・この老害田原パヨクの根拠のない自信ってなんなんだ?(~_~;)

    ・この番組…以前は見ていたが、今は見ていない。田原氏の偏見、思い込み、恫喝が酷くなり見るにも聞くにも耐えない番組になり下がった。
    何の参考にもならない番組。

    ・彼は議論・討論を進行させる役目の司会じゃなかったのかな?

    ・こんな人を司会者として起用しているテレビ局がまた酷すぎる❗早く電波法、放送法を改正して欲しい❗

    ・自分の信じた事だけが事実で、実際の事実はどーでもいいんでしょうね。もう末期症状

    ・中立性、客観性を失ったら司会にならないでしょ。ただの現政権批判側のゲストになっちゃってる。

    ・これからの時代を作り上げようとする若者の意見を踏みにじろうとする( ̄O ̄;)

    ・全ての議題で自分の結論有りきのMC.只その結論に導こうとしているだけの進行。
    それはマスゴミが政権にマイナスになるよう世論を導かせるやり方と同じで既に看破されている。支持する団塊世代とともに終わるべき存在。

    https://snjpn.net/archives/49676
    A6CC045B-D1FA-4613-8D6E-9B91764BDAC0

    関連スレ
    【世論調査】麻生財務相の進退 10、20代では71.7%が「辞任不要」 60歳以上では58.4%が「辞任必要」★5
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524884620/

    【三浦瑠麗「20代の人は辞めなくていいと思ってる。世代間ギャップがある」→ 田原総一朗「思ってない!」「麻生は全くダメ」 】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/04/13(金) 07:55:39.17 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/48026
    5C09EDC4-6651-44BA-B245-8505D8248F86

    「一強長期政権で統治腐る」 青木理さん語る 琉球フォーラム

    ▼記事によると…

    会員制の講演会組織「琉球フォーラム」(主宰・富田詢一琉球新報社長)の4月例会が11日、沖縄県那覇市西のパシフィックホテル沖縄であり、元共同通信記者でジャーナリストの青木理さん(51)が「国家と情報~公文書改ざんはなぜ起きたか」の演題で講演した。青木さんは学校法人「森友学園」に関する財務省の文書改ざんなどを挙げ、「一強の長期政権の下で、統治機構の根幹がどんどん腐っている」と指摘した。

    安倍政権では財務省の決裁文書改ざんのほか、南スーダン国連平和維持活動に関する防衛省の日報隠蔽(いんぺい)など、公文書を巡る問題が次々と噴出している。青木さんはそれら一つ一つを「民主主義の根幹を腐らせるとんでもないこと」と強調しつつ、「安倍一強政権のむちゃな振る舞いに問題の根っこがある」と話した。

    政府は天皇陛下の退位日程などを議論した皇室会議の議事録を残していない。青木さんは「記録を残さないと後世、検証ができない。公文書の作成、管理に関して、日本は後進国並みだ」と批判した。

    2018年4月12日 06:30
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-699236.html

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・その言葉、中国とロシアに対しても言って下さいね。

    ・民主党政権の悪夢を忘れない、以上

    ・中国船の体当たりを隠蔽しようとした民主党政権の方がやべえからw

    ・なおずっと党首の変わらない共産党

    ・野党はモリカケ選挙だ!って、前回の解散総選挙挑んで大敗したのは何故か考えようぜ

    ・行政府の不正を倒閣運動に利用してるお前らマスゴミのせいでこの国はいつまで経っても良くならないんだぜ?

    ・本質無視かよ。そのダメな自民党以下と言うか売国レベルじゃねいか。本当に勘弁してくれよ・・・

    ・また民主主義の否定ですか

    【青木理「安倍一強の長期政権のせいで統治機構が腐っている。日本は後進国だ」 反応「民主党政権の悪夢を忘れない、以上」 】の続きを読む

    1: キャスター5 ★ 2018/03/28(水) 07:25:53.01 ID:CAP_USER9
    田原総一朗さん、証人喚問でみえたもの

     テレビの怖さは情報が言葉だけではないことです。言葉以上に、表情、声音、身ぶりなど全てが情報として視聴者に届けられるのです。とりわけライブで流れる証人喚問はその要素が強く出ます。

     NHKや民放各局が流した佐川宣寿・前国税庁長官の喚問中継を見た国民は、「この人は事実を何か隠している」と感じたのではないでしょうか。映像の中の彼がそれを雄弁に伝えていたと思います。

     証言に立った佐川氏の表情を見て、二重三重にもよろいを身につけ「完全武装」でのぞんでいるような印象を受けました。これ以上、身をおいた官僚の世界からも孤立したくないし、官邸の信頼も失いたくない。そのためにどう答えるべきか。戦略を固め、そこから逸脱しないという覚悟を決めた表情に見えました。

     その通り、証言の間も、これまでの国会証人喚問の歴史で時折見られたような、動揺したり、困惑したりする姿を見せることはありませんでした。「刑事訴追を受ける恐れがあり、答弁を差し控えさせていただきたい」を連発し、何ひとつ明らかにしないまま終えました。

     ただ、「訴追が理由ではなく、…

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL3V5CXKL3VUPQJ00D.html?iref=sptop_8_01 
     26171E5D-78CD-46F7-A1AE-59D8865FD7DE

    【【佐川氏証人喚問】田原総一朗さん「佐川氏の沈黙、逆に国民の疑念深めた」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング