ます速ch

ます速は、 主に新聞、tvニュース、政治家などの方向性の疑問、不信感、などを わかりやすくまとめていきます

    その他

    1: (^ェ^) ★ 2018/06/20(水) 17:44:17.26 ID:CAP_USER9
    http://anonymous-post.com/archives/25011

    no title


    Koro @Koro_0619
    旦那に私から政治の話聞きたくないと言われた。
    俺は政治に興味ないし良く分からないし、何を言われても同調出来ない。毎日仕事行くだけで精一杯だと…
    安倍政権になってから政治の話ばかりしてる、変わったと言われた。でも今一番気になる事だもの仕方ない。
    安倍総理のせいで離婚かもしれない💧

    kowaiyokowai @ibara_yokoyoko
    私も同じだった
    いい人なんですが
    なんで命や生活に直結してることに意識が向かわないのか?!
    なんでこんな人を選んで結婚をしたんだ?!
    って後悔しました
    今は別居中 笑

    ゆかてぃん @pubiko
    私も同じです。でも、自分や子どもの現在と未来に関わることだし、やめたら安倍政権の思うツボだと思い、私の大事な部分だ、絶対やめないと言いました。
    でも、当たり前の生活に直結するかもしれないことなのに、こうして疎ましいという感覚を持ってしまう夫への信頼感はかなり薄れました。

    https://i.imgur.com/nby6u1P.png

    管理人
    ネットの反応
    名無し
    これ書いてるの70過ぎのジジイだろ
    名無し
    BBAの可能性
    名無し
    いや、流石にこれは共産系の自演だろ
    そういう女性が多いと思わせるためのいつもの下手な工作
    戦争ラブな男とセックスしない同盟みたいなもん
    名無し
    妻に政治の話は聞きたくないと言ってやった。
    俺はパヨクには興味ないしなりたくもない、何が言いたいのか理解出来ない。
    そもそもそんなに偏差値低くは無いんだよと…
    安倍政権になってから「アベガー」ばかり言ってる、変わった奴だったと確信した。
    でも結婚してしまったのだから仕方ない。
    と思ってたが、安倍総理のおかげで離婚できそうだ
    名無し
    御覧ください、これが真性の基地害です
    名無し
    生活に直結してるからこそ野党はないでしょ
    民主党政権時代は家計のこと考えるだけで胃が痛かった
    うちの旦那は自民党嫌いだったけど民主党政権になるちょっと前くらいから自民党支持になってて
    この人達と真逆なことに安心してしまった
    名無し
    どいつも中身おっさんだろw
    死んどけ

    名無し
    笑かすなよ(´・_・`)
    安倍のせいじゃなくて病気のせいだと思う割とマジで

    【パヨク女子「旦那に政治の話聞きたくないと言われた」「安倍政権のせいで離婚かもしれない」→「安倍のせいじゃなくて病気のせい」】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/06/20(水) 00:00:16.92 ID:CAP_USER9
    6/19(火) 20:10配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000118-dal-ent  
    A9C57EE7-0FB7-463C-ADF2-5BD69C1B031F

     教育評論家の尾木直樹氏が19日、公式ブログを更新し、この日、
    学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長が岡山市の学園本部で開いた記者会見を厳しく批判した。

     尾木氏は「加計学園もいい加減で『笑い者』大学なのかしら?」と題して投稿。「今日昼の緊急記者会見とやら ネット生中継で見ました!
    はっきり言って とても恥ずかしくなりました!これが大学の記者会見??って動揺しました!」と切り出した。

     加計氏は会見で、愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、県文書に記載された2015年2月の安倍晋三首相との面会を否定。
    学園側が県に誤った情報を伝えたとして、監督責任を取って給与の10パーセントを自主返納するとした。

     尾木氏は「『話を前に進める為に、総理にあってもいないのに、県とか今治市に「あった」とウソを言ってしまった』すみませんでした 
    当人と加計理事長を減給処分いたしますーなんて緊急記者会見してるのですから 日大の田中理事長ではありませんが 
    至学館大学の栄監督が『笑い者』になったのと同じくらい 子ども騙しの[笑い者]扱いになる会見内容ではないでしょうか?」と、会見の内容を厳しく批判。

     「参りましたねーー日本の大学、一体どうなっているんでしょうか?あちこちの大学で【笑い者】ばかり??これじゃ 
    大学を監察する第3者期間を設置する必要があります!変な大学に国民の税金を投入するなんて 全く無駄だし、
    疑問ですからーー実に、困ったことですねーー悩む尾木ママです」と、日本の大学を憂えている。

    【尾木ママ、加計学園理事長の会見を批判「とても恥ずかしくなりました!」】の続きを読む

    1: クロ ★ 2018/06/18(月) 21:02:44.06 ID:CAP_USER9
    片山 4月10日、加計学園問題に新たな展開がありましたね。朝日新聞がスクープした愛媛県職員作成のメモには、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が2015年4月2日に加計学園関係者や愛媛県、今治市の職員と官邸で面会し「本件は、首相案件」と語ったことが記されています。

    前川さんは前文科事務次官として、加計学園の獣医学部新設に向けて官邸からの働きかけがあったことを告発し、渦中の人となった、いわば当事者。メモをどうご覧になりましたか。

    前川 この日の面会については昨年から報じられていましたが、証拠がなかった。昨年7月に開かれた獣医学部新設をめぐる国会閉会中審査で、私とともに参考人として招致された柳瀬氏は「記憶にない」という発言を繰り返していました。どこかに裏付けとなる文書は必ず存在しているはずだと確信していましたが、やっと、ミッシングリンクが見つかったという思いです。

    片山 あれはすごく不自然な答弁でした。あれを聞いたら、本当は会っているんだろうなと誰もが推測します。官邸にとって致命的な打撃を与えないような表現振りを考えたのでしょうが、「往生際が悪い」というのが率直な感想です。

    ■柳瀬秘書官は「やらされモード」

    前川 この面会時のメモを読むと、これまで加計学園が15回にわたって申請を却下されていた構造改革特区ではなく、国家戦略特区への申請を促し、そのための知恵をつけてあげるための機会だったことがよく分かります。さらに、メモによれば、藤原豊氏(当時地方創生推進室次長)は「新潟市の国家戦略特区の獣医学部の現状は、トーンが少し下がってきており、具体性に欠けている」などとライバルの状況も伝え、柳瀬氏は「本件は、首相案件であり、藤原氏の公式ヒアリングを受ける形で進めて」とまで指導している。加計学園の獣医学部新設が極めて不公正な形で安倍首相の意向を背景に進められたことを裏付ける決定的資料です。

    片山 思わず笑ってしまったのが、メモの中で柳瀬氏が「自治体がやらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」と発言した部分。でも答弁などを見ていると、柳瀬氏自身が「やらされモード」ですよね。

    前川 皮肉ですね(笑)。文科省に残っていた内閣府からの「訪問予定メール」でも、訪問者の一番上に名があるのが加計学園でしたから、やはりこの面会は加計学園側が仕掛けたのだろうと思います。なぜ加計学園が官邸で首相秘書官と会うアポイントが取れたのか。安倍首相が、腹心の友である加計孝太郎理事長に頼まれて、柳瀬氏に面会を指示したと考えるのが自然でしょう。加計側の一番の目的は、愛媛県と今治市の職員を官邸に連れて行くことで「本気でやれ」「ちゃんとカネを出せ」と印象付けることだったはずです。

    片山 私は自治官僚や鳥取県知事、総務相を務め、それぞれの立場から多くの政権を見てきました。その経験から言うと、安倍政権は実に不思議な政権だと思っています。本来、政権は巨大な官僚機構を動かしており、一つひとつの案件に細々と指示を出し、進行管理する余裕はない。だからまずミッションを示した上でルールを設定し、その中で政権の意に沿って闊達に働かせるのがリーダーの務めであるはずです。しかし、安倍政権は自分の関心事項に個別に首を突っ込んでいる印象です。これは、まだ権力のないヒラの国会議員が各省に働きかける「口利き」の手法です。

    前川 興味深い指摘ですね。

    続く

    文春オンライン
    6/18(月) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00007749-bunshun-pol 
    F7A3FBE9-191A-4B19-BBEC-D36975DD75FC
     

    【【片山善博×前川喜平】「官僚は安倍官邸の下僕と化した」 】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/06/17(日) 07:56:13.73 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000005-jct-soci
    44548B57-B58D-4DDD-AB08-FE81F0A341B2

     人気バンド「RADWINMPS」(ラッドウィンプス)の新曲「HINOMARU」をめぐる議論が、一向に収束する様子を見せない。作詞を担当したボーカルの野田洋次郎さん(32)の謝罪を受けて、「謝る必要はなかった」とバンドを擁護する著名人が続々と現れたのだ。

     「表現の自由」の観点から国会審議でも取り上げられ、波紋は広がり続けている。

    ■「自分の国を愛して何が悪いんだ!」

     「HINOMARU」は、RADWIMPSが6日に発売したシングル「カタルシスト」のカップリング曲。歌詞にある「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の 御名の下に」といったフレーズが、一部ネット上で「軍歌のようだ」などと問題視され、物議を醸すことになった。

     その後、野田さんは11日に自らのSNSで「この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です」などと釈明。あわせて、「傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪していた。

     こうした野田さんの謝罪が、いま議論の的になっている。

     ウルフルズのギタリスト・ウルフルケイスケさん(53)は謝罪当日、自身のツイッターに「野田君、謝罪する必要なんてないと思う。 自由って何?違和感」と投稿。また、格闘家の那須川天心さん(19)も12日、

      「なぜ野田さんが謝らなきゃいけないんだ!自分の国を愛して何が悪いんだ!RADWIMPS最高!」

    とツイートしていた。

     さらに15日には、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(25)もツイッターで、今回の騒動に直接言及してはいないが、「クリエイティブなものなのに言いがかりつけて表現できなくなって死んでいくことが悲しい」と投稿。その上で、

      「なんでも文句言ってくる姑みたいな大人にだけはなりたくない」

    と意味深な一言を呟いていた。

     「これの何があかんの?」「アーティストから言葉を奪うな」――。こうツイッターで訴えたのは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」で知られる作詞家の及川眠子(ねこ)さんだ。

     及川さんは、14日のツイッターで、「『HINOMARU』を聴いた。いい歌じゃん。これの何があかんの? この詞は『命』について歌ってると感じたけどなぁ」と切り出し、

      「左とか右とか、そういう思想で簡単に縛ってバッシングする。アーティストから言葉を奪うな、と私は思う」

    と訴えた。続く投稿では、「なんだか世の中が、アーティストや物書きは思想を持つなというような雰囲気になってきてる」「愛国を歌って何が悪いと思う」との持論も展開した。


    謝罪に「白々しい」「表向きだけ」の声も

     こうした擁護意見が出る一方で、野田さんの姿勢を厳しく批判する動きもある。

     映画評論家の町山智浩さん(55)は13日、野田さんが謝罪の中で「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました」と言及していたことを引き合いに、

      「『いざ行かん 日出づる国の御名のもとに』などと歌っておいて、『なるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるか』と白々しく言うところが、まあ、今のいろんなものと似ていますね」

    と皮肉っていた。

     映画・音楽ジャーナリストの宇野維正氏(48)は同日、野田さんが12日の福岡公演で「自分の生まれた国を好きで何が悪い」などと発言したという観客の報告をまとめたネット記事に触れる形で、

      「表向きだけ謝罪のポーズ(あれは謝罪じゃないと思うし、もちろん謝罪する必要なんてない)を示してファンだけを前にしたMCで開き直ることを、自分はダサいと思います。すみません」

    と切り捨てた。

    (略)

    【RADWINMPS「HINOMARU」批判は「言葉狩り」なのか 作詞家や国会議員から「擁護論」続々 】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/06/16(土) 15:20:55.74 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/120681

    日本のテレビ局の報道姿勢について、ほんこんが「北朝鮮に偏っている」と批判した。自身もテレビに出る立場でありながら、テレビ批判をするというのは勇気あることだ。
    「身代金を要求する誘拐犯を持ち上げるのはおかしい」

    ほんこん「在京の番組が『金正恩を偉大なる若い指導者』と言ってるがちょっと待てよと。そんなもんどの口が言うとうねん。誘拐していって身代金よこせと言ってるのに、そういう事を言ってるメディアはあかん。在韓米軍が撤退したら喜ぶのは中国。戦勝国の思惑で動いてる事を日本人はもっと認識すべき」 pic.twitter.com/cw97YsIsjD

    — ブルー (@blue_kbx) June 16, 2018

    ほんこんの言うことはもっとも。日頃から反安倍政権派の立場をとるマスコミは日本が対立する北朝鮮について奇妙な紹介の仕方をすることがある。なぜか北朝鮮の肩を持つように金正恩の立場に立って紹介するのだ。事実上、テレビ局内部が乗っ取られているといっても過言ではない。
    北朝鮮に偏った報道の事例を2つ挙げておきたい。

    (1)姜尚中が「金正恩は馬鹿ではないし、ましてやクレイジーでもないし…」と不自然に擁護している。日本人を拉致した挙げ句、日本に向けてミサイルを撃ってくる独裁者をここまで擁護するのは奇妙としか言いようがない。

    姜尚中「金正恩は酷い残酷な独裁者だが馬鹿ではない!ましてやクレイジーでもない!」

    実の兄を暗殺する金正恩はどう考えてもクレイジーです#サンデーモーニング pic.twitter.com/W8c28ZLHzM

    — DAPPI (@take_off_dress) April 28, 2018

    (2)玉川徹「北朝鮮と友好関係をもつことと、拉致問題の解決を同時にやるべき」

    玉川徹「拉致問題を解決する為に北朝鮮と友好関係を結ぶ事もあり」
    田崎史郎「拉致問題解決なしに友好関係を結ぶってどういう事?」
    玉川「同時にやる」
    田崎「同時?」
    玉川「友好関係に持っていって同時に拉致問題も解決しましょうと。圧力じゃなくて」
    ↑うっわ…田島陽子と同じ事言ってる😅 pic.twitter.com/hhA4NqXfOz

    — ブルー (@blue_kbx) June 8, 2018

    テレビ局は日頃からこうした北朝鮮寄りの意見を発信することで安倍総理の圧力路線が間違っていると暗に指摘する。ほんこんが口にした「誘拐して身代金を要求している」というのはまさにうまい表現。

    金正恩は浅ましい独裁者で対話が通じない相手だからこそ圧力を強めて対話に応じざるを得ない状況をつくることが大事なのだ。そのことを再確認しておきたい。

    【ほんこん「金正恩を『偉大なる若い指導者』と持ち上げるテレビ局おかしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング