ます速ch

ニュース、政治、東アジアなどの話題を わかりやすくまとめていきます。

    政治家

    1: マカダミア ★ 2019/05/22(水) 19:05:52.76 ID:cEqEA/UB9
     立憲民主党所属の衆院議員・山尾志桜里氏(44)が、国会で定められた手続きをとらず、海外旅行をしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

     同行したのは、一昨年「週刊文春」が報じたダブル不倫(当時)のお相手で、現在は山尾氏の政策顧問を務める弁護士の倉持麟太郎氏(36)。2人は4月27日、16時20分羽田発の飛行機でロサンゼルスに出発していた。

     たとえ休日でも、国会議員が会期中に海外旅行をする場合、所属する院の議長に請暇願を旅行計画書とともに提出する必要がある。議院運営委員会の理事会に諮り、了承されなければ海外に行くことは許されない。

    「週刊文春」が、請暇願を出して許可を受けた議員の名前が記載される「衆議院公報」を調べたところ、GW中に海外に行った議員名がずらりと並ぶ中、山尾氏の名前はどこにも見当たらなかった。

     衆議院事務局秘書課に問い合わせると、「山尾議員が今会期中、請暇願を出されたことはありません」との回答があった。

    「週刊文春」は山尾氏の事務所に対し、5月20日午前に書面で事実関係の確認を求め、同日夕刻には山尾氏本人にも直接取材を申し入れたが、21日の締切時刻までに、回答はなかった。

     5月23日(木)発売の「週刊文春」では、引退説も囁かれる山尾氏の近況や立憲民主党内での評判とあわせて、詳報している。

    https://bunshun.jp/articles/-/12011

    【【立憲】山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と「国会に無届け海外旅行」】の続きを読む

    1: 部屋ねこ ★ 2019/05/15(水) 01:04:29.82 ID:sZVTJC3a9
    小沢氏が謝罪の考え、旧民主党政権

    国民民主党の小沢一郎氏は14日のBS-TBS番組で、旧民主党政権が約3年の短命で終わったことに触れ、国民に謝罪する用意があることを表明した。「期待を裏切った。過ちは繰り返さないから、もう一度信頼してください。そう言う以外ない」と述べた。

    小沢氏は旧民主党政権時代の2012年、消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革に反対し、離党。民主党政権の崩壊につながった経緯がある。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44802530U9A510C1PP8000/
    2019/5/14 23:00

    【【お詫び】「もう一度信頼してください。そう言う以外ない」 小沢氏が謝罪の考え、旧民主党政権の崩壊 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/05/10(金) 16:16:19.35 ID:CAP_USER
     共産党の笠井亮政策委員長は10日の記者会見で、北朝鮮が相次いで飛翔(ひしょう)体を発射したことについて、日本政府に対し「憲法9条の精神に立って、日朝平壌宣言を基礎に(米朝間の)平和プロセスが前進するよう、積極的にコミットしていくことが必要だ」と要求した。

     「問題解決の道は対話と交渉の継続以外にない。いかなる軍事的挑発行為も厳しく自制すべきだ」とも述べた。

    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000526-san-pol

    【【北ミサイル】共産・笠井氏「軍事的挑発を自制すべきだ」「憲法9条の精神で」 日本政府に要求】の続きを読む

    1: AHRA ★ 2019/05/07(火) 07:08:27.01 ID:VaHZ6E/N9
    福島みずほ @mizuhofukushima

    参議院の内閣委員会で、ドローン規制改悪法案が議論をされる。ドローンは大変大きな役割を果たしてきた。米軍基地のフェンスを越えて、高江や辺野古がどうなっているのか映像が撮れたのである。これをできないようにしている。全くおかしい。

    2:06 - 2019年5月6日
    https://twitter.com/mizuhofukushima/status/1125325969189789696
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【福島みずほ 議員「ドローンは米軍基地のフェンスを越えて映像が撮れた。これをできないようにしている。全くおかしい。」 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/05/06(月) 01:42:51.01 ID:CAP_USER
     鳩山由紀夫元首相(72)が5日、ツイートを更新。安倍晋三首相(64)が外交問題で窮地に立たされている現状とその背景、今後の課題、それでも日本国内では支持されている理由について連続投稿で持論を展開した。

     鳩山氏は「北朝鮮問題では完全に蚊帳(かや)の外に置かれていた安倍首相が、金正恩委員長と会談する用意があると言い出した」と切り出し、「なぜ言い出したのか、それは彼は何一つ外交で成果を上げることが出来ず、北方領土問題も簡単に解決できないと分かったからだろう。足許を見られたら、外交は高くつくのではないかと懸念する」と一刀両断。金委員長との会談を掲げる背景には、ロシアとの北方領土問題の解決に見通しが付ず、停滞している苦しい状況があるとした。

     さらに、鳩山氏は「安倍首相が北朝鮮に行って金正恩委員長と会談するとどうなるか。一番喜ぶのはトランプ大統領だろう。俺が言ってやったから会談ができたと。それで安倍首相はトランプ大統領に借りを作ったことになり、日米貿易交渉で日本は借りを返さなければならなくなる。車と農業、危ないのは農業のほうではないか」と指摘。北朝鮮での会談が実現しても、その先に米国からの圧力によって日本の農業が窮地に陥ると予測した。

     鳩山氏は「海外に出て色んな外国人と話すと分かることがある。プーチンやトランプにあれだけ子ども扱いされているのに、なぜ安倍首相は日本で支持されているのかと、良く聞かれる」と、安倍首相の海外における立ち位置とは反比例して、日本での支持率の高さについて言及。「私は一つは野党の存在感が薄いこと、もっと深刻なことは、メディアが安倍さんを忖度して、真実を報道しないことだと答えている」と理由を説き、報道の在り方に問題提起した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000155-dal-ent

    【【政治】鳩山元首相「彼は外交で何一つ成果を上げていない」 安倍首相の対北朝鮮姿勢を批判】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング