ます速ch

ニュースのニュースを扱うまとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。

    毎日新聞

    1: 名無しです 2020/09/18(金) 12:46:36.18 ID:6pf5u2Tk9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/997d706e585d6dad56d7906b7f6a399bde3ea064

    全国の約1万人から約2100億円もの資金を集めた末に破綻した「ジャパンライフ」を率いた元会長、
    山口隆祥容疑者(78)らが18日、警視庁などに詐欺容疑で逮捕された。
    商品を購入すると配当がもらえるというセールストークを信じて老後の蓄えを投じたお年寄りは今、
    「なぜ信じてしまったのか」と悔やみきれない生活を送っている。

    「安倍晋三前首相や大臣が広告塔になっていたので信用してしまった。わずか1年半で老後の蓄えや孫の教育資金を奪われ、カモにされた」。
    2017年12月の経営破綻までの1年半で全財産の約8000万円をジャパンライフに投じた神奈川県の女性(79)はうなだれる。

    女性が同社に関心を持つようになったのは16年春ごろ。息子の同級生の母親と偶然再会した際、
    約25年前に息子が病死した話題になった。「ジャパンライフの磁気布団を使っていたら大丈夫なのに」と言われ、
    当初は相手にしないつもりだったが、自宅に押しかけてきたジャパンライフ社員にセミナーに誘われた。

    セミナーでは、多数の社員に囲まれ「郵便局や銀行が潰れる時代。ジャパンライフだけ生き残る」
    「年6%の高配当。絶対損しないから保険を解約して投資しろ。大丈夫だから」と、ネックレスなどを購入するよう繰り返し勧誘された。
    事業の先行きを尋ねると、ある社員は消費者庁OBらの名前を出して「これだけの偉い人が会社にいるのに潰れるはずがない」と話した。

    同年に神奈川県内であった別のセミナーでは、山口元会長がある招待状を得意げに紹介し、会場のスクリーンにも大写しにされた。
    安倍首相(当時)から届いたという「桜を見る会」の招待状だった。政財界の著名人の写真入りのチラシも見せ、
    「お年寄りのためにとてもいい事業をしていると加藤(勝信)厚生労働相(当時)にほめられましたよ」とも語っていた。

    以下ソースで
    https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs-Knw39CLTsfp6KpenqJJAti9twoYC9-3WU9UsnnO2nApXFddu6pbZxw71Kali76maFDNfmRObxHYOGA6Kc47QaSvionhxauKkHVFP7sHJlK3tuFS27yNewjLa4bHdoeg==

    引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600400796/

    【【毎日新聞】ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/09/17(木) 17:03:03.02 ID:5dnYBlwh0● BE:135853815-PLT(13000)
    安倍政権が残したもの
    挑むことを「ガー」視する不寛容な時代 政府側で情報発信もした下村健一さんが見たもの

     第2次安倍晋三政権下では、政策論争が軽視された。批判的な意見を「ガー」視する時代の空気を作った。
    2010年秋から約2年半、民主党(菅、野田政権)と自民党(第2次安倍政権の初期3カ月)の3政権で、首相官邸の情報発信に政府側で従事した元報道キャスターの下村健一さん(60)は、
    「安倍政権下で、『情報は国民の持ち物』という意識が喪失した」と指摘する。 【山内真弓/統合デジタル取材センター】

    ――約7年8カ月続いた安倍政権は、社会にどんな影響を与えたのでしょうか。

     ◆異なる意見に対するリスペクトが、喪失しました。政権運営という至難の業をこれだけ長く続けた労苦には敬意を表しますが、違う意見に対し、「自分たちの意見はこうなんだ」ともっと誠実に答え、議論をしてほしかった。
    平行線や堂々巡りの時間を長くとって「議論を尽くした」と言われても、本来は、議論をそらしていた時間は議論の時間に含めるべきではないので、カウントの仕方がおかしいですよね。

     よく野党やメディアは「説明責任」というワンパターンな言葉を使いますが、本質は「違う意見をリスペクトして議論する責任」。この喪失は、安倍さんの言動も残念ながらお手本の一つとなって、時代の空気としてまん延しました。

     象徴的なのは、SNS(ネット交流サービス)に出現した「アベガー」という言葉です。何でも「安倍が」悪い、という批判的言動を揶揄(やゆ)したのが語源ですが、「ガー」という雑音のような語感も安倍支持層のネット民に受けて広がりました。
    以前は「●●ガー」なんて言葉、なかったですよね。「異なる意見はただのノイズだ」という感覚。
    国民も、安倍政権の大臣や官僚たちの不誠実な回答を国会中継や記者会見で度々見ているうちに、「異論に対してはこうやってそらしていけばいいんだ」と慣らされてしまった。
    もともと議論が苦手だった日本人が、ますます議論を軽んじ、そらすことを当然視するようになっていったら、これは政策の是非以前の問題です。

    全文はソースで
    https://mainichi.jp/articles/20200916/k00/00m/040/168000c

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1600329783/

    【毎日新聞「『アベガー』という言葉。批判的な意見を『ガー』視する不寛容な時代」】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/09/16(水) 12:52:21.56 ID:1uqMU5kH0● BE:844481327-PLT(13345)
    持病の悪化を理由に退陣した安倍晋三首相。その長期執権が残した傷は数多いが、今回は政権にとって「最重要」の外交課題であったはずの拉致問題について記す。

    北朝鮮による日本人拉致問題の外交的進展は、これでさらに難しくなったのではないか。
    別にそれは首相が政権の座を去ってしまう「から」ではない。一応は「憲政史上最長」の政権を担ったのに、案の定というべきか、なんの進展もないまま政権の座を去る首相の「せい」である。

    振り返ってみれば、拉致問題が大きく動いたのは2002年9月、史上初めて実現した日朝首脳会談によるものだった。
    日本政府が認定する拉致被害者らのうち5人生存、8人死亡という北朝鮮側の通告は衝撃的だったし、被害者や家族の怒りや不満は当然としても、北朝鮮に拉致を認めさせて5人が生還を果たしたのは戦後日本の外交史に残る成果だった。

    当時は外務省アジア大洋州局長として事前交渉に奔走した田中均氏には幾度も話を聞いた。
    なぜ会談は実現し、なぜ拉致問題は動いたのか。
    端的に言えば、「大きな絵」を描いて交渉にあたったからだと田中氏は振り返った。概略、次のような「絵」である。

    まず、いかなる理屈をつけても拉致は国家的犯罪行為であって、北朝鮮側が譲歩しても“対価”など与えられない。だが、かといってそれでは交渉の突破口が開けない。
    他方、日本側にも北朝鮮との戦後処理が終わっていないという“負い目”がある。
    北朝鮮との間の戦後処理を終わらせて国交を正常化するのは、戦後日本外交に積み残された“宿題”のひとつでもある。

    以下ソースで
    https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200914/pol/00m/010/002000c 

    96

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1600228341/

    【青木理「拉致問題が進展しないのは安倍のせい」】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/09/10(木) 09:57:24.94 ID:XNnNlyDr9
    毎日新聞は14日に自民党総裁選が投開票されるのを前に、各都道府県連幹部や国会議員を取材して、
    47都道府県連に3票ずつ割り当てられた地方票141票の動向を探った。

    菅義偉官房長官(71)が地方票の過半数(71票以上)を確保して80票を超える勢いで、
    党内5派閥の支持が固い国会議員票と合わせて新総裁に選出される流れが強まっている。

    石破茂元幹事長(63)は30票弱、岸田文雄政調会長(63)は10票あまりを確保した模様だ。 

    引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599699444/

    【【総裁選調査】 地方票、菅氏過半数80票を超える勢い、石破氏30票弱、岸田氏10票あまり】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/09/09(水) 09:55:27.32 ID:ertoxJd20● BE:201615239-2BP(2000)
     毎日新聞と社会調査研究センターが8日に実施した全国世論調査では、立憲民主党と国民民主党などが合流して新党を結成することで野党に対する期待が高まったかを尋ねた。

    「もともと期待していない」との回答が65%に上り、「期待は高まった」は24%にとどまった。「期待は低くなった」と答えた人も10%いた。

    以下ソースで
    https://mainichi.jp/articles/20200908/k00/00m/010/289000c 

    57

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1599612927/

    【合流新党「もともと期待していない」65% 毎日新聞世論調査】の続きを読む

    このページのトップヘ