朝日新聞

    1: (^ェ^) ★ 2018/01/20(土) 08:20:11.83 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000095-asahi-soci

     1987年5月の朝日新聞阪神支局(兵庫県西宮市)襲撃事件で重傷を負った元朝日新聞記者の犬飼兵衛(いぬかい・ひょうえ)さんが16日、急性心臓死の疑いで香川県内の病院で死去した。73歳だった。「なぜ撃たれたのか」との思いを胸に、事件の約20年後まで取材現場に立った。

     事件は憲法記念日の5月3日夜に起きた。阪神支局2階の編集室に目出し帽の男が押し入り、散弾銃を発砲し無言で立ち去った。犬飼さんは200個以上の散弾粒を浴びて右手の小指と薬指を失い、小尻知博(こじりともひろ)記者(当時29)は左脇腹を撃たれ翌4日未明に死亡した。

     犬飼さんは事件の1年後に兵庫県・淡路島の洲本支局長として取材活動に復帰。小尻記者の七回忌を迎えた93年、当時姫路支局長だった犬飼さんは追悼文集で「ぼくはいつまでも第一線にいたいと思う。なぜ撃たれたのか、の原点を探すことがぼくの使命だろう、と思うから」とつづった。

     阪神支局襲撃事件のほか、東京本社銃撃(87年1月)、名古屋本社寮襲撃(同9月)、静岡支局爆破未遂(88年3月)などが起き、いずれも「赤報隊」を名乗る犯行声明文や脅迫状が通信社などに届いた。名古屋事件の犯行声明文には「反日朝日は 五十年前にかえれ」とあった。50年前の37年は日中戦争勃発の年だ。一連の事件は報道機関を狙った言論テロだった。

     警察庁の「広域重要指定116号事件」として捜査されたが、阪神支局襲撃事件は2002年5月、残る事件も03年3月までに公訴時効を迎えた。

     犬飼さんは阪神支局事件の時効目前の記者会見でこう訴えた。「テロは卑劣だ。人間には言葉がある。なぜ朝日だったのか、なぜ阪神支局だったのか、なぜ記者を手にかけたのか、犯人の口から聞きたい。問答無用で殺傷するなど論外ではないか」。時効が成立すると、星明かりの中、広島県の墓地に眠る小尻記者に報告したという。

     06年4月、建て替えられた阪神支局3階に事件を語り継ぐための資料室ができた。犬飼さんはこの際の取材に「時効は悔しい。悔しいって一言じゃ済まない。割り切れない」と複雑な心境をのぞかせた。翌07年11月、長野県の諏訪支局を最後に記者生活を終えた。
    101665D3-6B85-42C8-8D44-9FFA6713E7D2
     

    【【朝日新聞】「なぜ撃たれたのか」思いを胸に第一線 犬飼元記者死去 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/01/16(火) 14:20:04.27 ID:CAP_USER9
    作家の百田尚樹さん(61)が12日に自身のツイッターに朝日新聞の読者を指して「売国新聞を支えている朝日の読者も日本の敵だ」と投稿し、朝日新聞広報部は15日までに「特定の新聞の読者を敵視するような差別的な発言に強く抗議します」などとするツイートを朝日新聞広報部名で行った。
    百田さんは15日、これに再反論した。

    「朝日新聞は、慰安婦の日韓合意で、韓国の肩を持ったり、尖閣の中国潜水艦の記事を一面から外したり(他紙はすべて一面)、マジで潰れてもらわないといけない!!」。
    12日、百田さんはこのようなツイートを投稿した。

    怒りが収まらないのか、百田氏は続いて「これは首を賭けてもいい。もし、中国と日本が軍事衝突をすれば、朝日新聞は100パーセント、中国の肩を持つ。朝日新聞は日本の敵だが、そんな売国新聞を支えている朝日の読者も日本の敵だ」とも。

    これに対し、朝日新聞は15日、広報部名のツイッターに「『朝日の読者も日本の敵だ』と作家の百田尚樹さんが発信していますが、特定の新聞の読者を敵視するような差別的な発言に強く抗議します。私たちはこれからも建設的で多様な言論を尊重し、読者とともにつくる新聞をめざします」と、百田さんの投稿を座視できない差別的発言だと主張した。

    百田さんは16日、「朝日新聞の広報さん」と呼びかけた上で「私はたしかに朝日新聞と読者を敵視したようなツイートをしましたが、差別的な発言はしていません。なんでもかんでも、すぐに『差別だ!』と、がなりたてるのはやめませんか。精神が弱者ビジネス丸出しですよ」と投稿した。ネット上では百田さんに対し、賛否両論のコメントが殺到している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000536-san-pol 

    2

    【【作家】百田尚樹さんの「売国新聞を支える読者も日本の敵」ツイートに朝日新聞広報「差別的な発言に強く抗議します」 】の続きを読む

    1: ネロネロ ★ 2018/01/16(火) 22:08:03.04 ID:CAP_USER9
    1/16(火) 21:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000079-asahi-soci

     2017年のノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN(アイキャン))のベアトリス・フィン事務局長(35)=スウェーデン出身=が16日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した。日本政府が核兵器禁止条約に参加するかどうかの議論につなげるため、「国会内に調査委員会を設けてほしい」と訴えた。

     フィン氏は核兵器の開発、実験、生産のほか、威嚇も禁止する条約の内容を説明した上で、「日本がとっている政策が条約の文言に違反しているのか洗い出してほしい。抵触しないのなら、なぜ参加しないのかという議論につながる。事実に基づく議論をするべきだ」と話した。

     批准が50カ国に達すれば発効するが、数カ国にとどまる現状については、「核保有国からアフリカやラテンアメリカ諸国に参加しないよう圧力がかかっている。そうした圧力自体、条約が力を持っている証拠だ」と主張した。(清水大輔)

    朝日新聞社

    4

    【【社会】ICAN事務局長「国会に調査委を」核禁条約議論に向け 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/01/16(火) 21:16:54.24 ID:CAP_USER
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180115004633_comm.jpg
    ▲日韓をめぐる出来事(別ソース:朝日新聞)

    友好的な韓日関係の象徴と認識された2002年韓日ワールドカップがかえって日本で「嫌韓」を刺激したという分析が出てきた。

    朝日新聞は16日、2002ワールドカップの時、韓国に対するイメージが悪くなったという日本人が多いとし、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックが嫌韓派を増やす契機になりかねないと指摘した。

    朝日によれば2002ワールドカップ当時、訪韓した日本観光客は路上で韓国人が日本チームをやじる姿を見て衝撃を受けた。日本で共同開催を歓迎する報道だけに接して韓国にきて「(日本は) 敵だ。負けちまえ」というスローガンに背信を感じたということだ。

    そこに16強戦トーナメントで韓国選手がイタリア選手の後頭部を打つラフプレーをするかと思えば韓国に有利な誤審があった、という論議は日本のサッカーファンをより一層腹立せた。特に日本が16強戦から落ちたのに反して韓国が4位に上がったことは韓国に対する印象を一層悪くした。こうしたことを体験した一部の日本人がインターネットを通じて韓国を批判する内容を広めた。

    2005年、嫌韓物出版ブームの契機になったベストセラー「漫画嫌韓流」の著者山野車輪は「ワールドカップを契機に生まれた嫌韓は『親韓』を演出しようと努力した主要マスコミに対する反旗でもあった」とし、「慰安婦問題葛藤ですでに嫌韓の見解を持った周辺の人々の胸の内を代弁するために本を書いた」と明らかにした。

    2003年「冬のソナタ」が日本で人気を呼んで始まった韓流は日本人がそれまでよく知らなかった韓国を知らせる契機になった。ジャーナリスト、安田浩一は「ワールドカップから始まり韓流熱風の頃に韓国を『発見』する日本人が多かった」とし、「これまで韓国は日本より遅れた小国に過ぎなかったが、韓国の力と高度に発展した社会像を見て、一部の日本人が脅威を感じるようになった」と説明した。

    朝日は2013年、東アジアサッカーカップ決勝当時、日本応援団が旭日旗をふるとすぐに韓国応援団が「歴史を忘れた民族に未来はない」というプラカードを掲げるなどスポーツ試合で感情の谷が深くなる傾向があると指摘した。

    平昌オリンピックはすでに慰安婦韓日合意論議と安倍晋三総理の開幕式出席可否など政治的懸案が複雑に絡まっている。評論家、古谷経衡は「日本選手が参加する平昌オリンピックは韓国の試合運営方式と韓国とのメダル競争などとかみ合わさって嫌韓派に絶好の批判機会を提供するかもしれない」と憂慮した。

    チャン・ジヨン記者

    ソース:国民日報(韓国語) 「日「嫌韓」開始は2002ワールドカップ」…朝日新聞分析
    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0923885616&code=11141700&sid1=int

    関連記事:朝日新聞<嫌韓、共催W杯が刺激した 平昌五輪、新たな政治案件に>
    https://www.asahi.com/articles/ASL1H5CHHL1HUTIL033.html 

    3

    【【嫌韓】 日本の「嫌韓」の始まりは2002共催W杯。平昌五輪も嫌韓派に絶好の批判機会を提供か~朝日新聞が分析[01/16] 】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/01/15(月) 21:37:08.39 ID:CAP_USER9
    https://www.asahi.com/articles/ASL1H6D8XL1HUTFK019.html?iref=comtop_list_pol_n01

    小池晃・共産党書記局長(発言録)

     (「核兵器廃絶国際キャンペーン〈ICAN〉」事務局長が求めていた安倍晋三首相との面会を政府が断ったことについて)本当に恥ずかしいと言わざるをえない。(事務局長は日本に)18日までいる。安倍首相は17日に(外遊から)帰国する。会えるじゃないですか。なぜ会わないのか。

     被爆者の運動がこれだけ国際的にも評価され、ノーベル平和賞を受賞した。日本の首相であれば、心から喜ばなければいけないことだ。被爆者もみんな涙を流して喜んでいる。そういう時に我が国の首相が、会ってほしいと相手方が言っているにもかかわらず、会わないとはなんたることだと。本当に恥ずかしい。

     (首相は)いろいろな人と会っているじゃないですか、誰とは言いませんけれど。そんな時間があるんだったら、なんでこんな大事な人と会わないのか。

     安倍首相は(昨年)8月の広島・長崎の平和記念(祈念)式典で「被爆者の方々に寄り添う」と言いながら突き放すような対応をしている。長崎で被爆者の代表が「あなたはどこの国の首相ですか」と詰め寄った場面が報道されたけれども、私も今回の対応を見て「あなたは本当にどこの国の首相なんですか」と言いたくなる。万難を排して、ICANの事務局長と会うべきだ。(記者会見で)

    2

    【【朝日新聞】共産党・小池晃「ICANと面会しない首相、恥ずかしい」「あなたは本当にどこの国の首相なんですか」 】の続きを読む

    このページのトップヘ