ます速ch

ニュースのニュースを扱うまとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。

    朝日新聞

    1: 名無しです 2020/12/01(火) 05:26:21.38 ID:VmS8JNMJ0 BE:844628612-PLT(14990)
    朝日新聞社、コロナ影響で9年ぶり赤字 9月中間決算:朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASNCZ5JLVNCZULZU010.html

    朝日新聞社が30日発表した2020年9月中間連結決算は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、売上高が前年同期比22.5%減の1390億9千万円、営業損益が92億9100万円の赤字だった。
    業績の動向などから、将来の利益を前提に税金の前払い分を資産として計上する「繰り延べ税金資産」を取り崩したため、純損益は419億800万円の赤字となり、中間決算として9年ぶりの赤字となった。

    単体の決算も営業損益が87億5600万円、純損益が408億4500万円の赤字。本社は、コロナ禍の影響拡大を受けて緊急の収支改善対策を進めている。
    事業構造の改革も推し進めてデジタル事業を伸ばすことなどで、21年度の営業黒字転換を目指す方針。
    渡辺雅隆社長はこの日の社内説明で「コロナ禍がきっかけとはいえ、構造改革のスピードが鈍かったことが赤字の背景にあることは否めず、責任は社長である私にある」と言及。
    新しい中期経営計画がスタートする来年4月1日に社長から退き、中村史郎副社長を後任とする意向を明らかにした。 

    118

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1606767981/

    【【本当にコロナ?】「コロナの影響」で9年ぶりに赤字と朝日新聞が報道w】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/11/30(月) 20:57:43.76 ID:sdn7gQ+q0● BE:928139305-2BP(2000)
    朝日新聞社の渡辺雅隆社長(61)が本年度末をもって退任する意向であることが30日、分かった。

    新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、本年度決算が約170億円の大幅な赤字を見込むことなどを受け、経営悪化の責任を取る考えといい、同日午後にあった同社社員への説明会で明らかにした。 

    後任には、中村史郎副社長(57)が就任する見通し。

    さらに、現在約4400人いる社員については、300人の希望退職を実施するなどして、自然減と合わせて23年度までに約3900人まで削減する考えを示した。

    他にも、来年春から組織再編や部門間移動を活発化させ、収益を支える部署やグループ企業に人員を重点配置することなどが説明されたという。

    朝日新聞の2020年上半期の部数は516万部(ABC部数)とされ、2014年にいわゆる「吉田調書」誤報問題が発覚するなどした後、大幅な減少が続いている。

    一方、同社の有価証券報告書によると、同社社員の平均年収は1228万5千円(平均年齢45.4歳)と、同業他社と比較しても高止まりしている。 

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1606737463/

    【【朝日新聞】300人の希望退職を募る 社員の平均年収は1228万5千円とお高め】の続きを読む

    2: 名無しです 2020/11/27(金) 11:02:43.35 ID:CAP_USER
    (略)

    「歴史歪曲に対抗して戦った日本のシ゛ャーナリスト、植村記者に聞く」と題されたフォーラムに出席した植村氏
    no title


    ■「国民を相手に詐欺を働いた団体」とまで
     
    寄付金の横領のほか、背任や詐欺、不法宿泊業の運営など、8件の容疑で起訴され、裁判が進んでいる。市民は「寄付金を返還せよ」と正義連と尹氏に訴訟を起こしているが、彼らは「過ちはない」と述べ返還を拒否している。

    現在、多くの韓国国民が、慰安婦団体にだまされたと憤っており、従軍慰安婦被害者だと主張する人たちの言っていることは本当だったのかという混乱まで生じている。

    韓国国民はもちろん、日本国民も知っているこの事件について「慰安婦専門記者」の植村氏はどれほど関心を持って取材をし、記事を書いたのだろうか。

    日本ではあまり知られていないが、李容洙さんが暴露した正義連疑惑がトップニュースとして連日報道されていた6月1日、ある団体が「正義連と尹美香の30年の素顔を明らかにする」として記者会見を開いた。

    日本帝国主義時代の軍人、徴用工、慰安婦とその家族で構成された「太平洋戦争犠牲者遺族会」だ。

    遺族会会長の梁順任(ヤン・スンイム)氏はこう主張している。

    「挺対協(現・正義連)と尹美香は、数十年の間、慰安婦被害者のためではなく“権力団体”として規模を大きくした。生きている慰安婦おばあさんたちを怖がった」

    「30年間、慰安婦問題を悪用した尹美香は国会議員職を辞任し、正義連は解体しなければならず、政府はこれ以上この団体に支援してはならない」

    会見を行った梁順任会長の履歴には、馴染みのある名前が登場する。植村隆氏は梁会長の娘婿で、植村氏の韓国人妻は、遺族会の職員として働いたことがある。

    梁会長は他の資料でも「数十年間も慰安婦被害者たちの目と耳を隠したまま、国民を相手に詐欺を働いた団体」と指摘したが、なぜ植村氏は積極的な取材と報道をしないのだろうか。

    ■「選択的取材」を行っているのか?

    ニュース特番て゛「世界を変えた”暴露者”として5位に」
    no title

     
    植村氏に問いたいことはまだある。

    梁会長は韓国メディアのインタビューで、1993年の“河野談話”発表後、日本側が韓国に調査団を派遣し、元朝鮮人慰安婦の証言を聴取しようとした際、挺対協が妨害したと主張。

    日本側は調査に基づいて補償案を準備し、遺族会も高齢の慰安婦被害者がいつ亡くなるか分からないため、早急に補償金を受けようとしたが、挺対協が妨害したという。

    梁会長は当時から挺対協の行動を問題視していたが、娘婿の「慰安婦専門記者」植村氏は、知らなかったのか。

    昨年6月、櫻井氏と報道機関に対する裁判で敗訴した植村氏は、韓国のある日刊紙のインタビューで、「この判決が出たのは、日本の裁判所が右傾化したためだ」と批判、さらに「NHKも完全に親政府放送になり、もはや公共放送ではない。ただ会社で働き給与をもらう“会社員記者”が多くなった」などと発言している。

    裁判所やNHKに異議申し立てすること自体は、もちろん自由だ。

    ただ、「慰安婦専門記者になりなさい」と後輩記者に言いながら、正義連と尹美香疑惑が露呈して慰安婦問題が混乱する昨今、韓国の記者は、疑惑にしっかりと向き合わない植村氏に関心を持たなくなっていても何ら不思議ではない。

    順序が逆になってしまったが、インタビューは次のような言葉で植村氏を紹介して始まっている。「記者は運命的に偽りを暴露し、不正と戦うしかない」と。

    植村氏は、義母の梁会長が以前から問題だと指摘してきた「正義連と尹美香の疑惑問題」を本当に知らなかったのだろうか。偽りを暴露し、不正と戦うことが記者の運命なら、韓国人はもちろん日本人も関心を持っている問題に、なぜ、向き合わないのか。

    ユニクロや日本製ビール、日本車は不買する一方、任天堂やプレイステーション、ユニクロ「+J」を購入する「選択的不買運動」と同様、「選択的取材」を行っているのではないのか。

    全文はソースで
    2020年11月26日掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/11260559/?all=1
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/11260559/?all=1&page=2

    引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1606442535/

    【【新潮】元朝日記者「植村隆氏」敗訴 自他共に認める “慰安婦専門記者” にぜひ問いたいこと 】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/11/28(土) 15:46:00.89 ID:KH0yb58d9
     共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が9月、優れたジャーナリズム活動に与えられるジャーナリスト団体の賞で初めて大賞を受けた。対象となったのは、安倍晋三前首相が主催した「桜を見る会」をめぐる報道。政党機関紙の受賞は珍しいが、その活動とジャーナリズムは相いれるのか。実像を探った。(赤田康和、池上桃子)

     11月上旬、東京・千駄ケ谷のビルに入る赤旗編集局を訪ねた。壁には「まもろう 憲法9条」と書かれたポスターが貼られ、社会部、政治部など部署ごとに机が並ぶ。パソコンの横には紙の資料があふれ、記者たちが談笑したり議論したりしていた。編集局は共産党の一部局で、記者はみな党員だ。

     党幹部でもある小木曽(こぎそ)陽司編集局長と日曜版の山本豊彦編集長が取材に応じた。

     「我々は権力監視を最も重視しており、こういう問題に反応する鋭いアンテナを持っている」。山本氏はそう話す。

    以下ソースで
    2020/11/28 14:00 朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASNCW6FHGNCDUTIL01M.html 

    118

    引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606545960/

    【【朝日新聞】「しんぶん赤旗」はジャーナリズムか 編集局の答え】の続きを読む

    1: 名無しです 2020/11/26(木) 08:10:56.88 ID:huCMuDka0● BE:969416932-2BP(2000)
    日本学術会議が推薦した会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題で、首相は国会でも拒否理由を明らかにしていない。一方、批判の矛先は学術会議にも向けられ、政府は組織改革に着手している。


     この「論点のすり替え」の流れを後押ししたのが、インターネットなどで拡散された学術会議に対する批判的な情報だ。中には「任命拒否された6人は学者といえない」「OBは終身年金を受け取れる」といったフェイク(偽情報)も少なくない。

     ファクトチェックの普及に取り組むNPO法人ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)が公開しているメディアパートナーのファクトチェック記事は、任命拒否が発覚した10月1日以降の約2週間で計10本。
    内訳は「誤り」8件、「根拠不明」1件、「ミスリード」1件。圧倒的に多いのが学術会議や会員の特権的地位をあげつらう内容だった。

     FIJ事務局長の楊井人文(やない・ひとふみ)弁護士(40)は
    「任命拒否に伴って噴き出した政権批判の反動のような形で、学術会議そのものに問題があるという指摘や意見が相次ぎました。中には事実に基づかない情報もあり、ネット上でこうした不確かな情報を鵜呑みにして拡散する現象が目立ちました」と指摘する。

     学術会議に関する誤情報は、思わぬ方向にも波及している。

     10月14日のテレビ番組で右派論客の櫻井よしこ氏が「防衛大の卒業生が大学院に行きたくとも東大を始め各大学は断っていた」と発言。
    FIJはこれを「誤情報」と確認した記事を「日本学術会議関連」と位置付けて公表した。楊井さんは理由をこう説明する。

    「櫻井さんの発言は学術会議の任命拒否を問う文脈の中で出てきたものです。大学を含めた日本のアカデミア全体の問題に議論が派生した形です」

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cd6cccda0491b818308fe686a9b63a790c7a4e09

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1606345856/

    【【AERA】報道のプロも誤情報を引用…ネット上にあふれる「フェイク」に踊らされる理由〈】の続きを読む

    このページのトップヘ