ます速ch

ニュースのニュースを扱うまとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。

    2019年09月

    1: 鴉 ★ 2019/09/30(月) 19:06:35.07 ID:CAP_USER
     河野太郎防衛相が2019年版防衛白書を閣議で報告した。

     核・ミサイル技術の高度化を図る北朝鮮、新兵器の開発や軍事行動を活発化させる中国とロシアを、日本の安全保障上の懸念材料に挙げた。

     国家間の競争領域が陸海空から宇宙、サイバー、電磁波へと広がり、日本の新領域での能力強化が不可欠と断じている。

     軍事強国の動向に合わせ、いたずらに防衛領域を広げることが日本の安全に資するのか。白書から浮かぶのは、安全保障構想の主体性の欠如だ。

     白書は中国について、沖縄県尖閣諸島をはじめ日本周辺の海空域で活動を拡大、南沙諸島や西沙諸島では軍事拠点化を進め、「力を背景とした一方的な現状変更を試みている」と分析する。

     その中国は7月、ロシア軍と日本海や東シナ海の上空で初の共同訓練を実施している。ロシア軍機が島根県の竹島(韓国名・独島)で領空侵犯し、韓国軍機が警告射撃する事態が生じた。

     中ロの挑発的行動はなぜ起きたのか。安倍晋三政権は中国と相互訪問を重ね、関係改善を目指している。実現の目途は立たないものの、ロシアとも平和条約の締結交渉が続いている。

     両国との融和を演出しても、安保面では米国に歩調を合わせ「潜在的敵対者」とみなす。米国の言うままに戦闘機を大量に買い、護衛艦「いずも」を空母に改修、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の導入に動く。

     東アジアの安全保障をどう構築するのか。展望なき対応が冷戦構造の解体を妨げている。

     白書は、北朝鮮が核兵器の小型化・弾頭化を実現しているとし、日本の安全に対する「差し迫った脅威」と指摘する。


     北朝鮮の非核化では韓国との協力が欠かせない。


     それなのに白書では、韓国との防衛交流の重要度を引き下げ「韓国側の否定的な対応などが日韓の防衛協力・交流に影響を及ぼしている」と、異例の批判を並べている。


     海上自衛隊観艦式に韓国を招待しなかったことと合わせ、子どもじみた意趣返しが、対立解消への出口をふさいでしまっている。


     国民にろくに説明せず、兵器を大量購入し防衛費を膨らませている問題とともに、これからの安全保障のあり方について国会で議論を深めなければならない。米軍の戦略に乗っかるだけで、専守防衛を逸脱している現状を早急に是正する必要がある。

    信濃毎日新聞
    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190930/KT190927ETI090009000.php

    【【信濃毎日新聞】北朝鮮の非核化では韓国との協力が欠かせない…それなのに白書で韓国との防衛交流の重要度を引き下げた】の続きを読む

    1: 名無しです 2019/09/30(月) 22:05:09.32 ID:CAP_USER
    【ジュネーブ聯合ニュース】世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関(DSB)は30日(現地時間)、韓国が日本製空気圧バルブに課した関税について、大部分の実質的な争点でWTO協定違反とは認められないとする上級委員会の判断を採択し、韓国の「判定勝ち」が確定した。

    空気圧バルブは自動車や半導体の製造設備などで使われる部品。韓国は日本が不当に安く輸出しているとして、2015年8月に5年間の予定で11.66~22.77%の追加関税を適用した。この当時、日本製の同製品は韓国国内市場で70%以上のシェアを占めていた。日本政府は16年、この措置をWTO協定違反としてWTOに提訴した。

     これに対しWTOの二審に当たる上級委員会は10日に公開した報告書で、韓国の日本製空気圧バルブに対する追加関税の適用について、大半の実質的な争点でWTO協定違反が立証されなかったとの判断を示した。事実上の韓国勝訴とした一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)の判断がおおむね維持された。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190930004100882?section=japan-relationship/index
    聯合ニュース 2019.09.30 20:04

    no title

    空気圧バルブ(WTOホームページより)=(聯合ニュース)

    関連
    【日韓】 バルブ課税、WTOで日本勝訴が確定へ 韓国は認めず [09/30]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1569836454/

    【【聯合ニュース】日本製バルブ関税巡る紛争 WTOで韓国の「判定勝ち」確定】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2019/09/30(月) 18:40:54.51 ID:CAP_USER
    世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関(DSB)は30日の会合で、日本から輸入されたバルブに韓国が課した反ダンピング(不当廉売)関税はWTO協定違反と認めた上級委員会の判断を採択し、日本の勝訴が確定する。

    日韓は今後、是正措置を巡り協議する予定だ。ただ韓国は10日に上級委判断が示された後、主張の大半は認められたとして「韓国が勝訴」と表明しており、関税を維持する方針だ。

    是正措置が取られなければ、日本は韓国から輸入される物品に対して追加関税を課すなどの対抗措置を取ることができるため、問題は長期化が予想される。


    2019.9.30 18:14
    https://www.sanspo.com/geino/news/20190930/pol19093018140002-n1.html

    【【日韓】 バルブ課税、WTOで日本勝訴が確定へ 韓国は認めず 】の続きを読む

    1: 鴉 ★ 2019/09/30(月) 18:04:37.51 ID:CAP_USER
    日韓関係の悪化に歯止めがかからない。

    街で見かける韓国人観光客もめっきり減った。


    そんな中、先月22日、成田空港の到着ロビーに韓国の童謡「故郷の春」が響いた。

    歌ったのは千葉北高校3年の井手瑞葦(るい)さんら千葉県内の高校生3人。

    手にした紙には韓国の高校生の名前と写真、「歓迎します」というハングルがログイン前の続き書かれていた。

    歌を通じた交流のため、ソウルから来た3人の高校生と母親たちの表情が和らいだ。
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14199593.html
    悪化する日韓関係 音楽で交歓、草の根交流続けて 

    【【朝日新聞】日韓関係の悪化に歯止めがかからない…街で見かける韓国人観光客もめっきり減った】の続きを読む

    1: 鴉 ★ 2019/09/30(月) 18:13:42.67 ID:CAP_USER
    写真
    no title

    no title



    旭日旗は忘れられていない
    「韓国だけが特殊である」という誤解

    ●サッカーの世界では処分対象

     旭日旗について、また喧しい議論となっている。来年の東京オリンピックの組織委員会が、大会中の会場への持ち込みや掲示について、禁止する考えがないことを公式な見解として公にしたからだ。

     これについて、政府やマスメディアも含めて様々な議論が行われているが、サッカーの世界においてどのようにこれが決着したかは事実としてはっきりしている。

     過去たびたび会場内での掲示が問題となっていた旭日旗について、アジアサッカー連盟(AFC)は、「国家の起源に関する差別的シンボル、および政治的意見(discriminatory symbol relating to national origin and political opinion)」として、その意匠をサッカー会場で掲揚したことを処分対象としたのである。


     2017年に川崎フロンターレがアジアチャンピオンズリーグのアウェイでの韓国戦において、この旭日旗を応援に使用した川崎フロンターレのサポーターがおり、これに抗議する韓国サポーターとトラブルになったのが、この直接のきっかけである。これに対して、日本サッカー協会とJリーグの上位組織である、AFCは、執行猶予付きながら無観客試合を1試合、そして罰金1万5000ドル(約170万円)のペナルティを課した。これは日本のチームが国際試合で下された処分としては、前例のない重いものである。
     川崎フロンターレはこの処分を不服として上訴した。しかし、これはすぐに棄却された。よって処分は確定している。

     オリンピックはもちろんサッカーだけの大会ではない。しかしサッカー競技はオリンピックでも国際サッカー連盟(FIFA)の管轄の下に行われる。そうなれば、下位組織のAFCが下した判断は、そのままオリンピックのサッカー競技に準用される可能性が高い。AFCが下した判例はFIFAの倫理規定や懲罰規定がもとになっているからだ。

    ●旭日旗に「政治的な意味はない」か


     オリンピックでは、政治的な中立性を担保するために、「オリンピック開催場所、会場、他のオリンピック・エリアにおいては、いかなる種類の示威行動または、政治的、宗教的、人種的な宣伝活動も認められない」とオリンピック憲章に明記してもいる。

     一方で、「旭日旗はいかなる政治的な意味ももたない」というのが、最近の政府の見解になっているらしい。しかし、それはあくまでも日本政府の主張であり、あわせて先に川崎フロンターレ側の上訴の主張でもある。国際社会と日本の認識がズレているというのは別に珍しいことではない。そして実際にサッカーの世界ではこの日本の認識は通用しなかったということだ。

     ただし、もちろんこれは会場などで、トラブルになった場合だ。旭日旗が翻っても、問題化しなければそのまま許されることになるだろう。実際にサッカーにおいても、現在も旭日旗は普通に使われている。ただし、海外のチームとの対戦、ことに東アジアのチームとの対戦は別扱いである。このようなケースの場合、現場では日本サッカー協会もJリーグも事実上ファン・サポーターに様々な働きかけをして自粛を促しているのが実際のところである。

    朝日新聞:論座
    https://webronza.asahi.com/national/articles/2019092500005.html?page=2

    【【朝日新聞】「韓国だけが特殊である」という誤解 旭日旗は差別的シンボル 】の続きを読む

    このページのトップヘ