ます速ch

最近のニュースの信憑性ってどうですか?って思う、まとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。

    2019年04月

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/04/30(火) 12:21:15.86 ID:CAP_USER
    2,300余年前、中国春秋戦国時代趙の武寧(ムリョン)王は果敢な推進力を持った君主であった。臣下らは蛮夷着る胡服に反対したが、彼は小そでが狭く長さが短い実用性がある胡服をしばしば着た。春秋戦国時代の大部分の王は車に乗るのが好きだったが、彼は馬に乗って直接先頭で騎兵を指揮した。

    武寧王は後継者を選定する時、思いがけない選択をする。王妃が産んだ息子の代わりに後宮の孟姚が産んだ十二才の息子を恵文王にした。彼は恵文王を玉座に座らせた後、自身を主父と呼ばせて実権を行使しようとした。上王に残って絶対権力を継続できると考えたが、臣下らに追われて悲劇的な終末をむかえた。東洋の歴史に記録された初の上王の事例だ。

    上王は自身が死ぬ前、王位を次の王に譲った前王を呼ぶ呼称だ。
    (中略:中国の上王の事例)
    朝鮮時代には太祖・正宗・太宗・端宗などが上王になった。高宗(コジョン)は日帝によって強制的に退位する悲劇を体験した後、上王に退いた。

    明仁日王が30日の退位式を最後に30年間の平成時代を終える。日王の生前退位は江戸時代の1817年光格日王以来202年ぶりだ。終身日王体制に変わった1868年、ムツヒト日王以後では初めてだ。今年86才の125代日王明仁は父のヒロヒト日王が死亡した後、1989年即位した。

    明仁の後に続いて長男、ナルヒト(徳仁)王世子は5月からレイワ(令和)時代を開く。東洋王朝の歴史を見れば上王が登場する時期は激変期だ。君主制時代では絶対権力者の王が二人以上存在すること自体がすなわち非常事態を意味する。

    明仁日王は健康を理由に生前退位を望んだというが、その裏面で軍国主義復活を狙う安倍晋三政府の軍事大国化野心を心配せざるをえない。戦争可能な国家を夢見る隣国の情勢変化に緊張を緩めることはできない理由だ。

    ホン・ビョンムン論説委員

    ソース:ソウル経済(韓国語) [万波食積]上王
    https://www.sedaily.com/NewsVIew/1VI1YUKH6L

    【【天皇】 東洋史で上王が登場し王が二人になるのは激変期。戦争可能な国家を夢見る隣国が心配だと韓国メディア】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/04/30(火) 14:17:33.20 ID:CAP_USER
    3200億ウォン(約310億円)も投入された海軍新型護衛艦「大邱(テグ)」が故障で3カ月間も港に停泊しているが、海軍は調査もしていないことが分かった。故障の原因はまだ確認されていないが、船底に接触のあとが残っているため運航中の過失で事故が発生した可能性もある。

    KBS(韓国放送公社)は、昨年8月に戦力化した2800トン級新型護衛艦「大邱」が1月に推進システムが故障し、3カ前から運航していないと29日に報じた。「大邱」は対潜水艦能力が優れた次世代護衛艦で、製作だけでも3200億ウォンが投入されたという。

    KBSによると、海軍は当時、故障の経緯などを一度も調査せず、護衛艦自体の問題と見なして国防部傘下の国防技術品質院に不満を提起した。しかし故障の4日前に港に停泊しながら船体の振動など異常が感知され、船体を持ち上げると底のスクリューに複数の傷が見つかった。

    運航中に底を擦りながらも当時は上部への報告もなかったという点で操作時の過失・事故が発生した可能性も排除できないと、KBSは伝えた。

    これに対し海軍側は「まだ保証修理期間が残っているので機械的な欠陥の有無から確認しようとした」と説明した。また「軍が独自に過失を調査することになればむしろ公正な調査に影響を与える」というあきれる釈明もしたと、KBSは伝えた。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<韓国海軍の新型護衛艦、3カ月間も港に停泊…なぜ?>
    https://japanese.joins.com/article/904/252904.html

    【【韓国】 海軍の新型護衛艦「大邱(テグ)」、3カ月間も港に停泊…なぜ?】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2019/04/30(火) 15:52:33.59 ID:CAP_USER
    2019年4月30日 12時50分 テレ朝news

     天皇陛下が退位し、新しい元号「令和」の時代を迎えることを韓国メディアも注目しています。

     韓国の新聞「朝鮮日報」は陛下の韓国訪問が実現していないことを「宿題」としたうえで「日本では新天皇即位をきっかけに過去を断ち切り、もう一段飛躍しようという国民的な共感が築かれつつある」と報じました。また、「ハンギョレ」は「平成の30年で日本は平和が続いたものの国力が衰退して自信を失い、社会は内向的に変わった」と厳しい論調です。さらに、「東亜日報」は冷え込みが続く日韓関係について「新たな時代、令和が始まるものの、関係改善の突破口は当分、不透明」と伝えています。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16394551/

    【【韓国】天皇訪韓は“宿題” 韓国メディアも「令和」報じる 】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2019/04/30(火) 14:25:47.78 ID:CAP_USER
    韓国首相、天皇陛下に謝意
    4/30(火) 14:14配信

     【ソウル時事】韓国の李洛淵首相は30日、ツイッターに投稿し、「韓日関係を重視された明仁天皇に感謝いたします」と述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000059-jij-kr

    【【速報】韓国首相、天皇陛下に謝意 「韓日関係を重視された明仁天皇に感謝いたします」 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2019/04/30(火) 12:34:23.37 ID:CAP_USER
    2019年04月30日07時42分
    [中央日報/中央日報日本語版]


    明日から日本の新しい時代が始まる。明仁天皇が退位してその息子である徳仁皇太子が即位するに従い、31年間にわたる平成時代を締めくくり新しい年号「令和」を使うことになる。

    新時代が幕を開けるが、韓日関係は依然として歴史に足をとられて「史上最悪」の奈落に落ちている。慰安婦合意と強制徴用賠償判決によるその後の影響に続き、哨戒機近接飛行事件まで重なった結果だ。韓日関係は過去に何度も葛藤と改善を繰り返していたが、最近のように感情対立が激しくなって両国関係の本質まで揺さぶるほどに発展した事例は多くなかった。すでに両国間の経済人交流が断絶し、韓国消費財商品の日本国内の販売が直撃弾を受けるなど経済分野に被害が現れ始めている。このままいけば民間交流や観光分野にまで影響が及ぶだろう。さらに、北核問題に対する共助基盤が崩れるなど関係悪化の影響は全方向に広まりかねない。万一、強制徴用賠償判決で押収された日本企業の資産現金化が執行され、これにあわせて日本政府が報復措置を発動すれば、韓日関係は手のほどこしようもない状況に陥りかねない。

    こじれるだけこじれた韓日関係は解決方法を見るけることが容易ではない問題だ。だが、そうであればあるほど相互非難と感情刺激を自制して対話から糸口を見つけなければならない。最も熱い懸案である強制徴用問題だけ取り上げてもそうだ。葛藤が激化した直接的原因は、韓国司法府の判断に対する韓日両国の立場の違いにある。▼個人請求権の消滅の有無▼時効問題--などの法理的争点は感情対立より両国当局や専門家が額を突き合わせて協議して解決する問題だ。そのような場合、見解の違いを狭める余地がないわけでもない。問題はそのようなチャネルが塞がってしまっているという点だ。政府は韓日請求権協定第3条規定に伴う外交的協議を真剣に検討してみる必要がある。

    もっと重要なのは、両国指導者が対話の姿勢を示すことだ。互いに何もせず、相手の態度が変化することだけを待つのは正しくない。そうした点で、新天皇の即位を転換点とすることができる。令和時代の幕開けを控え、世界各国の首脳が祝賀メッセージを送るだろう。文在寅(ムン・ジェイン)大統領もこのメッセージの中に関係改善の意志を込めて送ることを前向きに検討してみる必要がある。そうすれば、6月大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を契機にした韓日首脳会談の成功に一歩近づけるはずだ。動力を継続すれば来年7月の東京オリンピック(五輪)の頃には2002年ワールドカップ(W杯)の時のような友好ムードを回復することもできる。現政権は昨年、平昌(ピョンチャン)冬季五輪という契機を活用し、一触即発だった韓半島(朝鮮半島)情勢を反転させた前例がある。同じように、韓日間にも令和時代の幕開けを関係回復の転機にする知恵を発揮してほしい。両国関係の悪化をこのまま放置するのはどちら側にとっても益するところがない。

    https://japanese.joins.com/article/879/252879.html?servcode=100§code=110&cloc=jp|main|top_news

    【【社説】令和時代の幕開け、韓国は韓日関係リセットの転機に 】の続きを読む

    このページのトップヘ