ます速ch

ニュースのニュースを扱うまとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。

    2019年01月

    1: クロ ★ 2019/01/31(木) 07:37:23.39 ID:GB97DTss9
    国民民主党・玉木雄一郎代表(発言録)

     野党が力を合わせてやる大義がある(旗印は)、情報公開だ。政権交代することが最大の情報公開。今、役所が(情報を)出さない。なんで出さないかというと、「出すな」と上から言われているからですよ。だったら新しい権力で、「出しなさい」という権力をちゃんと取って、全てを公開していけば、みんなモヤモヤしていることは、きれいに解消する。(BS日テレの番組で)

    朝日新聞
    2019年1月31日00時26分
    https://www.asahi.com/articles/ASM1Z7XFBM1ZUTFK01P.html

    【【国民・玉木代表】「政権交代することが最大の情報公開」 】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2019/01/31(木) 17:52:59.42 ID:+uF/2R+19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000077-jij-kr

     【ソウル時事】国連安保理北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが近くまとめる報告書で、南北協力事業に関連した韓国の「制裁違反」を指摘する見通しとなったことを受け、韓国外務省報道官は31日の記者会見で、「わが政府は制裁の枠組みを順守しながら南北交流・協力事業を進めるという基本的立場の下、専門家パネルとも緊密に協力している」と強調した。

     その上で「専門家パネルが制裁違反に言及したという話は聞いたことがない」と述べた。 

    【【北朝鮮制裁】韓国政府「専門家パネルが制裁違反に言及したという話は聞いたことがない」 制裁順守を強調 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2019/01/31(木) 09:14:57.83 ID:CAP_USER
    2019年1月28日、韓国メディア・デイリー韓国によると、韓国観光公社がSNSで「日本風カフェ」を紹介し、批判を浴びている。

    韓国観光公社は25日、公式インスタグラムに「素朴で静かな雰囲気の日本風カフェが人気を集めている。日本旅行をしている気分になれるカフェを紹介する」との文章と共に、韓国にある日本風カフェ5店の情報を掲載した。しかしこれに対し、一部のネットユーザーから不快感を示す書き込みが寄せられた。

    すると韓国観光公社は再びインスタグラムを更新し、「韓国の観光地をPRする韓国観光公社が流行しているとの理由で日本風カフェを紹介するという軽率な行動を恥ずかしく思う。深く反省している。今後は韓国ならではの美しさを感じられる場所を紹介していきたい」と述べて謝罪したという。

    このニュースに、韓国のネットユーザーからは

    「これはひどい。本当に軽率だ」
    「見た瞬間に悲しくなった。韓国国民の税金で働いているくせに」
    「なぜおかしいということに誰も気付かなかった?」
    「日本人が働いているの?」
    「自分たちの役割を勘違いしているようだ」
    「そもそも日本風カフェに行きたい人は日本に行くでしょ」
    「最近は韓屋(韓国の伝統家屋)カフェが流行っているのに」

    など非難の声が続出している。

    一方、少数ではあるが

    「日本好きが多いから仕方ない」
    「別にいいんじゃない?日本風が好きな人もたくさんいる。この程度で批判されるなんて、よっぽど外交関係が悪化しているんだね」

    と擁護する声も見られた。


    2019年1月31日(木) 9時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b681235-s0-c30-d0058.html

    【【韓国】 観光名所として「日本風カフェ」を紹介、韓国の政府観光局が謝罪 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2019/01/31(木) 08:57:35.20 ID:CAP_USER
    韓日関係が八方塞がりに陥ってしまっている。慰安婦問題や強制徴用賠償判決などに関連した両国の葛藤はますます深刻化している。これに重なるようにして、日本海上自衛隊哨戒機に対するわれわれ海軍艦艇のレーダー派発射で誤解まで招いた。出口は見えていない。排水口が詰まって食器を洗った水があふれているのに、詰まりを解消する意志もアイデアもなさそうだ。この状態から手を引いた外交部をはじめ、政府の態度がそうだ。

    昨日、外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官が慰安婦被害者の故金福童(キム・ボクドン)さんの焼香所を弔問した。康長官は「おばあさんは壮絶に戦ったが残念だ」と述べた。前日同じく焼香所を訪れた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「問題が解決されないまま(金おばあさんを)見送ることになり心が痛い」と述べた。

    ともに慰安婦問題がまだ解決されていないという認識の表現だ。だが、現状況に代入してみると、日本に対してさらに厳しく対立していくという言葉にも聞こえる。最も大きな問題は、歴史葛藤を解消して未来に進もうといういかなる戦略もアクションプランも見られないということだ。

    女性家族部は今月21日、和解・癒やし財団の設立許可を取り消した。この財団は日本軍慰安婦問題を癒やすために2016年7月に設立された。政府は近くこの財団の解体手続きに入る。これに伴い、70年余り前の歴史問題を癒やすための韓日のあらゆる努力は原点に戻った。

    韓国政府は財団設立のために日本が提供した10億円(現レートで約102億ウォン)の中から使って残った残額60億ウォンの処理案も出さないでいる。文大統領が昨年9月、米国ニューヨークで安倍晋三首相と会って同財団の解散意志を通知して4カ月が過ぎたというのに、外交部は後続措置に言及しないでいる。金杉憲治外務省アジア大洋州局長は「財団解散は日韓合意に照らして到底受け入れられない」と話す。

    日帝強制徴用関連の大法院(最高裁)判決と日本の反発に対する政府の対策も何か分からない。日本側が外交的協議を要請してきたが、政府は応じないでいる。日本は過去、両国政府がすでに清算した事案を韓国政府が破棄していると主張する。

    米ワシントンなど国際社会でも、韓国が外交的合意を一方的に破っているという認識が強い。「再協議も、仲裁委員会・国際司法裁判所にも行かないというが、いったい韓国の代案は何か」という疑問が広がって国際世論戦でも押されている。

    韓日海軍のレーダー葛藤も同様だ。遭難した北朝鮮漁船を救助する過程で偶然に発生した事件なのに、感情だけ高ぶらせて解決方法を見つけられずにいる。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防長官が海軍作戦司令部を訪問して「日本の威嚇飛行に強硬対応せよ」と述べた場面は軍の立場では当然かもしれない。だが「外交の失踪」という点では苦々しい懸念を残した。このままいけば1カ月後の三一節は韓日間の破局の頂点になりうる。

    両国の歴史問題の責任は根本的に日本にある。しかし、韓日はこれを癒やして歴史を発展させるべき義務がある。今後、北朝鮮核・ミサイルの脅威に両国が共同で対処しなければならないばかりでなく、経済交流もより一層拡大しなければならない。柔軟かつ大局的な外交戦略を期待したい。


    2019年01月31日06時54分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/743/249743.html?servcode=100&sectcode=110

    【【中央日報】八方塞がりの韓日関係、手を引く韓国外交 国際社会でも韓国が外交的合意を一方的に破っているという認識が強い 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2019/01/30(水) 23:37:10.26 ID:CAP_USER
    韓日の軍事関係の重鎮が昼食会、両国の軍事的摩擦を懸念
    韓国、強制徴用賠償判決めぐる日本の「政府間協議」要請を拒否の方針

     韓国と日本の軍事関係の重鎮らが30日、ソウル市内で昼食懇談会を開催し、韓日の軍事的摩擦について懸念を表明するとともに、仲裁に向けて力を合わせることを確認した。大韓民国在郷軍人会の金辰浩(キム・ジンホ)会長と、韓国の予備役将校らの団体「星友会」の柳三男(ユ・サムナム)会長は同日、ソウル市内で日本の森本敏・元防衛相との昼食懇談会に臨み、韓日間の軍事的摩擦を早期に解決するために両国の重鎮が積極的に取り組むことを提案した。金会長は「韓米日の安全保障協力がこれまで以上に重要な状況で、韓日の摩擦解消は必須だ」と述べた。2012年に野田内閣で防衛相を務めた森本氏は「今はわれわれが争うときではない。これまで積み上げてきた交流・協力と理解を基に、われわれがまず両国関係の正常化のために共に努力していこう」と述べたという。

     しかし、韓日当局の対立は依然として続いている。韓国政府は、日本による植民地時代の強制徴用被害者への賠償を日本企業に命じた韓国大法院(最高裁判所に相当)の最終判決に関連し、9日に日本側が要請した韓日請求権協定に基づく「政府間協議」に応じない方針を固めたことが分かった。一般的な協議とは異なり、請求権協定に基づく政府間協議は「争いを解決する手段」だ。韓国政府が拒否すれば、日本は仲裁委員会の構成を要求するか、国際司法裁判所(ICJ)への提訴など、次々にカードを切ってくる可能性がある。

    安俊勇(アン・ジュンヨン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/30/2019013080182.html

    【【韓国】レーダー照射:来韓の森本元防衛相「今は互いに争うときではない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ