ます速ch

ニュースのニュースを扱うまとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。

    2018年12月

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/31(月) 16:52:03.35 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    (写真=YouTubeキャプチャー)

    外交折衝戦から飛び火する様相を見せている「韓日レーダー」葛藤と関連して日本が英文版動画まで配布し国際社会世論を糊塗して韓国政府の対応が急がれる。

    日本防衛省は去る28日、ホームページを通じて「韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案」というタイトルの13分8秒分量の映像を公開した。日本防衛省は同日、日本語バージョンだけでなく英文バージョン動画も製作してユーチューブにアップして、これをツイッターとフェイスブック等を通して広報した。

    日本防衛省は該当映像を説明し、英文で「韓国海軍の艦艇が火器管制レーダーで海上自衛隊哨戒機を調査している(an ROK naval vessel directing its fire-control radar at an MSDF patrol aircraft.)」と主張した。

    該当映像は公開後、四日目のこの日、56万人余りの照会数を記録し、1万個近いコメントがついた。コメントには「ここは日本の排他的経済水域(This is Japanese EEZ)」とか、「韓国が国際法違反していることを見せる(This is one of the videos showing Korean international law violations)」、「韓国が嘘をついている(Korea is a liar)」など今回の事態の責任が韓国海軍にある、という反応が多い。

    映像を何度も視聴しても分かりにくい日本自衛隊の交信内容を英文字幕で説明している点などから推し量れば、日本は今回の映像を事前に緻密に計画して広報に使ったと見られる。特に日本は英文映像でも海上自衛隊(MSDF)という用語を使わず、「日本海軍(Janpan navy)」という用語をそのまま使っている。

    軍関係者によれば日本はこれまで呼び出しをする際、海軍(Navy)ではなく海上自衛隊(MSDF)という用語を使った。また、低空飛行をしながら近接距離で広開土大王を撮影した部分には日本P-1哨戒機が高度と距離で国際法を遵守している、という字幕まで挿入した。

    一部では初めから日本政府が映像を証拠に使うより他の目的をもって公開したのではないか、という分析に重みが加わる。日本時事通信は複数の日本政府関係者を引用して、防衛省は韓日軍当局間の関係を一層冷却させかねないなどの理由で映像公開を躊躇したが、安倍総理がトップダウン方式で押し切ったと伝えた。防衛省内部でも映像は証拠として不充分だということを認識していることも伝えられた。

    軍当局は該当映像について遺憾を表明した。国防部関係者は「日本側が事実関係を糊塗した映像資料を英文で翻訳してユーチューブに公開するなど一連の姿勢について強い遺憾と憂慮を表明する」として「このような行動は誤解の解消と両国協力発展を模索するという趣旨に逆行し、両国関係の発展に決して望ましくない」と明らかにした。

    韓国海軍広開土大王艦は去る20日、東海大和堆漁場近隣で人道的目的で遭難した北朝鮮船舶を捜索する作戦を行った。この過程で日本哨戒機が救助活動をしていた広開土大王艦とわずか500メートルの距離で、150メートル上空を通過し非正常的な低空接近飛行を実施した。日本側が編集して公開した映像では確認されないが、日本哨戒機が低空飛行をしながら広開土大王の真上を飛行したことも分かった。

    日本は高度150メートル以下で飛行を禁止した国際民間航空機構(ICAO)の安全協約を取り上げて問題ないという立場だが、軍用機にはICAO規定に適用されない。特に哨戒機のような航空機には通常、空対艦ミサイルなどの武装が搭載され、実際、艦艇勤務者らの立場で航空機が近接飛行する場合、相当な脅威になりうるという軍関係者の共通した説明だ。

    このためにいくら友軍でも哨戒機など航空機は相手国の艦艇には接近しない。実際、2014年、米海軍駆逐艦ドナルド・クックにロシアのスホーイ(SU)-24戦闘機が150メートル高度で近接飛行して米国国防部の強い抗議を受けた。
    (後略:日本側はレーダー周波数公開を拒否)

    キム・ソンジン記者

    ソース:ニューシス(韓国語) 日、「レーダー葛藤「英文版YouTube広報…政府対応用意至急
    http://www.newsis.com/view/?id=NISX20181231_0000516695

    関連動画:YouTube<Regarding the incident of an ROK naval vessel directing its FC radar at an MSDF patrol aircraft>
    https://www.youtube.com/watch?v=s93-l68D3Eo


    【【レーダー照射】 日本、英文版動画を作成しYouTubeで広報、「韓国は嘘つき」などコメント…韓国政府の対応至急】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/12/31(月) 10:48:44.38 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000007-jij-pol

    海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、31日付の韓国紙ソウル新聞は
    「日本の哨戒機の低空飛行は、太平洋戦争当時、米軍艦に自殺攻撃を敢行した『神風』を連想させるという指摘も出ている」と報じた。

    同紙によると、民間組織、韓国国防安保フォーラムのムン・グンシク氏は「威嚇飛行であり、艦艇に向けた自殺攻撃も可能な距離だ」
    と述べ、「いかなる理由で低空飛行を敢行したのか責任を問い、謝罪を受けなければならない」と主張した。

    東亜日報も社説で、「(防衛省公開の)映像では、日本の哨戒機がクァンゲト・デワン艦(韓国駆逐艦)に相当近づいて
    飛行したことが明らかになった」と分析。「映像はむしろ、哨戒機が接近した距離だけを見ても、韓国駆逐艦の乗組員に
    脅威を与えるのに十分だったことを示している」と批判した。

    韓国日報は社説で、「実務協議で把握した問題点を踏まえ、韓日の長官(防衛トップ)が電話会談を行うなどし、
    互いに再発防止を約束する線で迅速に収拾すべきだ」と呼び掛けた。 

    【【レーダー照射】「『神風』を連想させる行為。韓国駆逐艦の乗組員に脅威を与えるのに十分」哨戒機の低空飛行批判。韓国紙 】の続きを読む

    1: ナナチ ★ 2018/12/31(月) 14:37:52.57 ID:CAP_USER9
    韓国の駆逐艦が日本の海上自衛隊P1哨戒機に火器管制レーダーを照射した事件は、防衛省が当時の映像を公開したことにより、日本側の主張の正しさが裏付けられた。

    しかし、韓国国防省は自説を訂正しようとはせず、韓国マスコミも「安倍首相が支持率回復という政治的目的で行った」などとピント外れの論評を繰り返している。

    このような対応には、日本に対する甘え、植民地支配で苦しめられた日本に対してはどんな報復も許されるといった考えがある。それこそが「恨(ハン)」の思想である。

    朝鮮文化の基調をなすのが、「恨」の思想である。単なる恨み、辛みではなく、悲哀、無念さ、痛恨、無常観、優越者に対する憧憬や嫉妬などの感情をいう。

    呉善花は「恨は単なるうらみの情ではなく、達成したいけれども達成できない、自分の内部に生まれるある種の『くやしさ』に発しています。それが具体的な対象をもたないときは、自分に対する『嘆き』として表われ、具体的な対象を持つとそれが『うらみ』として表われ、相手に激しき恨をぶつけることになっていきます」と説明する。(『朴槿恵の真実』、文春新書、2015年、229p)

    また、韓国思想史専門家の小倉紀蔵は、「<ハン>という韓国語に最もよくあてはまる日本語は、「あこがれ」なのである。もちろん<ハン>には『恨み』という意味はあるのだが、単なる恨みではなく、そこにはあこがれの裏打ちがあるのである。・・・そして<ハン>は上昇へのあこがれであると同時に、そのあこがれが何らかの障害によって挫折させられたという悲しみ・無念・痛み・わだかまり・辛みの思いでもある」と解説している(『韓国は一個の哲学である』、講談社学術文庫、2011年、51p)。

    「恨」が、怨念や被害妄想につながることも忘れてはならない。日本による植民地支配に関しての感情がそうである。李圭泰氏は、『韓国人の情緒構造』(新潮選書、1995年)の中で、次のように述べている。

    “心の中に傷をじっとしまっておく状態が「恨」なのだ。・・・(中略)・・・原義の「恨」は怨念を抱く状態、そして怨念を抱くようにした外部要因を憎悪し、またその怨念を抱いた自分自身のことを悲しむ、そうした属性をも含んでいる。

    ・・・(中略)・・・このような怨念の蓄積は韓国人の「恨」に別の意味を派生させた。韓国人の「恨」を構造的に調べてみると、怨念以外の被害者意識が絡んでいる。韓国人は、国民は官憲の被害者であり、貧しい者は富む者の被害者であり、野党は与党の被害者であると思い込んでいる。“(126?127p)。

    韓国駆逐艦の上空を旋回したP1哨戒機は「加害者」であり、自分たちは「被害者」である。植民地支配をした日本のP1哨戒機は、自分たちに「怨念」を抱かした「憎悪」の対象なのである。

    自衛隊と協力関係にある韓国軍くらいは、「恨」の思想から自由であってほしい。

    https://blogos.com/article/348428/

    【【レーダー照射】植民地支配で苦しめられた韓国人にとって加害国である日本の自衛隊機は「恨」の対象 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/12/31(月) 10:44:35.48 ID:CAP_USER
    韓国メディアが31日の社説で、海上自衛隊の哨戒機の映像を公開した安倍首相を批判した。

    韓国日刊紙の東亜日報は31日、「自ら信頼を落とす映像まで公開して葛藤を増幅させる安倍」と題した社説で、
    「日本メディアは映像公開が安倍首相の決定によるものだと報じた」とし

    「レーダー葛藤は執権6年目に入って支持率が落ちている安倍首相が国内世論用としてあおっているという観測も出ている。
    日本は事態を長引かせながら葛藤を深めるのではなく、速やかに事実関係に基づいて静かに問題を解決すべきだ」と主張した。

    韓国日報は「レーダー葛藤をあおる安倍、韓日関係復元意志はあるのか」という社説で、
    「(日本が)一方的に動画を公開したのは深刻な外交欠礼」とし、動画公開を推進した安倍首相に対して
    「外交葛藤を収拾すべき責任のある政治指導者が、国内政治に利用しようとむしろ葛藤をあおったのだから、慨嘆するしかない」と批判した。

    ハンギョレ新聞は「日本の『哨戒機映像公開』指示した安倍の政略」という社説で、
    「映像公開が安倍首相の指示ということに驚く。いったい安倍首相は韓日関係をどこまで悪化させるつもりなのか問わざるを得ない」とし
    「国内の政治的利益のために隣接国との外交葛藤を活用する態度を直ちにやめるべきだ」と安倍首相を批判した。
    https://japanese.joins.com/article/642/248642.html?servcode=A00&sectcode=A10

    【【韓国メディア】 哨戒機の映像を公開した安倍首相を一斉に批判 「いったい安倍首相は韓日関係をどこまで悪化させるつもりなのか」 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/12/31(月) 11:12:12.99 ID:CAP_USER
    「この惑星の悲劇、人類の恥」北朝鮮、国連を猛非難


    北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は27日、国連総会本会議で採択された北朝鮮の人権侵害に対する非難決議は
    「米国と追随勢力による謀略」だとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    17日に採択された決議は、政治犯収容所の閉鎖と全ての政治犯の釈放を要求。北朝鮮の人権に関する国連調査委員会が指摘した拷問や
    非人道的な待遇、強姦(ごうかん)、公開処刑、強制労働など各種の人権侵害行為を取り上げ、深刻な憂慮を表明する内容。

    論評は、「米国とその追随勢力がありもしない『人権問題』を云々して朝鮮に言い掛かりをつける目的は
    朝鮮に対する制裁・圧迫の度合いをより強めようとするところにある」と主張。

    続けて国連に対しても、「世界の平和と安全、万民の人権増進に資すべき自分の使命と本分を投げ捨て、
    米国の強権と専横の道具になって真の人民の国を中傷、冒とくするのはこの惑星の悲劇、人類の恥だ」と非難の矛先を向けた。
    https://dailynk.jp/archives/119888

    【【北朝鮮】 国連を猛非難 「この惑星の悲劇、人類の恥」 】の続きを読む

    このページのトップヘ