ます速ch

最近のニュースの信憑性ってどうですか?って思う、まとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。

    2018年10月

    1: nita ★ 2018/10/31(水) 15:44:08.28 ID:CAP_USER9
    10/31(水) 10:59配信
    東スポWeb

     31日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は韓国最高裁が30日に韓国人元徴用工の個人請求権を認め、新日鉄住金に計4億ウォン(約4000万円)の賠償支払いを命じる判決を下した問題を取り上げた。

     日本側は1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決しているとして猛反発。日韓外交の新たな火種になりかねない状況となっている。

     テレビ朝日解説委員の玉川徹氏は「今後の影響がはかり知れないほど大きい。これは感情対感情の話になっちゃう。韓国の日本に対する国民感情対日本の韓国に対する国民感情。感情と感情がぶつかって、いい結果なんか何も生まれないんですね。でも、結果的に韓国がその引き金を引いてしまった」と日韓関係の悪化を危惧した。

     日本国内の「アンチ韓国」の声も膨らむことが予想されるとし「今までは日本の中でも全体が韓国に対して反感感情を持っていたわけじゃないんですけど、かなり大きな広がりを持って韓国に対するアンチの感情がどんどん大きくなっていくだろうなと。歴史的に見て何もいいことはないのに結局、韓国のほうの感情を韓国の今の政権がある種、政治利用するようなことも含めて大きくしてしまっている」と分析した。

     さらに、今後の極東における日本の立場にも言及。「例えば拉致の問題とか、例えば北朝鮮と韓国がこれから統一国家に向かっていくっていうふうな時に、日本だけが極東で孤立する可能性すら出てくると思う。そのきっかけになるんじゃないかと思って、非常に困ったことを韓国はやるもんだなというふうにボクは見ていますね」と強い懸念を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000004-tospoweb-ent

    【【テレ朝】玉川徹氏「韓国人元徴用工勝訴」による甚大な影響を危惧「日本だけが極東で孤立する可能性すら出てくる」 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/10/31(水) 13:12:14.10 ID:CAP_USER
    大法院の合議体はこの日原告の損害賠償請求権が1965年に韓日政府が結んだ請求権の協定の適用対象に含まれないと判断した。
    「日本政府の不法な植民支配および侵略戦争の実行に直結した日本企業の反人道的不法行為」によってもたらされた慰謝料請求権という理由からだ。

    すなわち請求権協定文や付属書のどこにも日本植民支配の不法性に言及する内容がなく、
    韓日間交渉の過程でも日本政府が植民支配の不法性を認めないまま強制動員被害の法的賠償を基本的に否認した以上、
    不法行為に対する被害は韓日協定対象ではないという趣旨だ。

    交渉の過程で12億2千万ドルを要求したのに3億ドル(無償分)しか受けられず、強制動員の慰謝料まで含まれたと見るのは難しいという判断も付け加えた。
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/31989.html

    【【大法院判決】 請求権12億2千万ドルを要求したのに3億ドル(無償分) しか受けられず、強制動員の慰謝料まで含まれたと見るのは難しい 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/10/31(水) 11:28:24.30 ID:CAP_USER
    韓国政府は「司法の判断を尊重する」としつつ「韓日関係を未来志向的に発展させていくことを望む」とのコメントを発表した。
    今後、対応策を検討するというが、矛盾した内容をどのように実行するのか。

    日本も感情的な対立を招かないよう自制が必要だ。

    しかし、主体的に問題解決を図るべきは韓国政府だということを自覚してほしい。
    https://mainichi.jp/articles/20181031/ddm/005/070/128000c


    【徴用工問題】 韓国紙、日本に自制要求 「破局回避を」
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1540950591/

    【【毎日新聞】 日本は自制を・・・徴用工訴訟 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/10/31(水) 08:51:14.32 ID:CAP_USER9
     韓国外交省の趙顕(チョヒョン)・第1次官が25日、秋葉剛男・外務次官と東京都内で会談した際、日韓慰安婦合意に基づき設立した支援財団「和解・癒やし財団」を解散する考えを伝えた。日韓関係筋が明らかにした。日本側は強く反発しているが、最終的に解散の事態は避けられないとの見通しが強まっている。

     日韓関係では、韓国人元徴用工の賠償請求訴訟で30日、韓国大法院が日本企業に損害賠償を命じる初めての判断を下した。韓国政府は財団の扱いについては今年初めから考慮した結果と位置づけているが、関係は更に悪化しそうだ。

     同筋によれば、趙氏は解散が不可避な理由として財団が実質的に機能を停止している状況を挙げた模様だ。秋葉氏は日韓関係に重大な影響を及ぼすとの強い懸念を示したという。趙氏の説明が日本に対する最終通告だったのかはわかっていない。

     韓国の陳善美(チンソンミ)・…残り:502文字/全文:865文字

    2018年10月30日21時08分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASLBZ4VTSLBZUHBI01R.html

    【【韓国】慰安婦財団解散の意向、韓国・外務次官が伝える 日本側は強く反発 関係は更に悪化へ 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/10/31(水) 08:57:15.82 ID:CAP_USER
    日本政府は30日、韓国大法院(最高裁判所)が強制徴用被害者に対する賠償判決を下すと、強く反発した。

    安倍晋三首相は国会の対政府質問で、野党議員が関連の質問をすると、「本件は1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決している」と答えた。その上で、「今般の判決は国際法に照らしてあり得ない判断だ。日本政府としては毅然(きぜん)と対応する」と述べた。安倍首相の答弁が終わると、一部の国会議員からは拍手が起こった。

    河野太郎外相は、大法院判決が出た直後、李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使を外務省に呼んで抗議した。

    河野外相は「日韓請求権協定に明らかに違反」「国交正常化以来、両国の友好関係の基盤となってきた法的基盤を根本から覆すものだ」と述べた。また、「日本の企業や日本国民に不利益が生じないよう直ちに必要な措置を厳格にとってもらいたい」と強く求めた。河野外相はこうした内容の口上書を李洙勲大使に渡した。

    NHKでは河野外相が右に体を20度ほど傾けた状態で固い表情で李洙勲大使に抗議する様子を約20秒間そのまま見せた。

    河野外相は後に日本の記者たちに会い、「法の支配が貫徹されている国際社会では、およそ常識で考えられないような判決」「きょうの判決は(1965年に日韓基本条約・関連協定という両国関係の法律的)基盤を一方的かつ根本的に毀損(きそん)するものだ」と言った。

    日本の外務省は今回の事態が長期化する可能性が高いと見て、同日、アジア・大洋州局内に「請求権問題対策室」を設置した。長嶺安政駐韓日本大使を一時帰国させる案も検討中だ。河野外相は同日、「国際裁判」にも言及、国際司法裁判所(ICJ)に提訴することでこの問題を世論化することも検討していると明らかにした。

    経済界も日本政府と同じ見解だ。経済団体連合会(経団連)・経済同友会・日本商工会議所・日本経済団体連合会は記者会見で、「日韓関係を損なうかもしれないという深い懸念がある」との見解を発表した。中西宏明経団連会長は「今回の判決は(両国の経済関係に)影響を与えるのではと憂慮している」と語った。

    日本企業は韓日関係が悪化した場合に備え、出張禁止や支社閉鎖などを含む段階的措置を設けると伝えられた。

    日本の各報道機関は、今回の事態が韓日関係の重要な分岐点になると見て、大法院の賠償命令を緊急ニュースで報じ、重要事項として取り上げた。NHKでは特集ニュースを編成、ソウルと東京の状況を交互に見せた。

    NHKは、今年が未来志向的な関係に合意した1998年の「金大中-小渕宣言」(韓日共同宣言)20周年に当たるのにもかかわらず、強制徴用や日本の海上自衛隊旗(旭日旗)問題などでギクシャクしていると報じた。

    この放送は、「2005年の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で請求権問題は解決されたことになっているが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は当時の韓国政府の要人として決定に深く関与した」と伝えた。

    日本では、今回の事態は容易には収まらないと見ているようだ。東京のある外交消息筋は「慰安婦問題では、韓日政府間の確執により被害に遭う日本人がいなかった。しかし、今回の事態は民間企業に拡大し、一般の人々が韓国に良くない感情を持つ可能性がある」と語った。

    別の消息筋は「慰安婦合意に続き、韓日基本条約まで事実上、破棄すれば、今後、韓国とどんな合意ができるというのか」と問い返した。

    2018/10/31 08:48
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/31/2018103100710.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/31/2018103100710_2.html

    【【朝鮮日報】 強制徴用:「慰安婦に続き韓日基本条約まで…今後韓国とどんな合意ができるのか」】の続きを読む

    このページのトップヘ