1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/18(木) 00:30:20.87 ID:CAP_USER
「木片や茎に残っている斧の痕跡が、日本人の略奪行為を証明していた。麓から頂上まで巨木に覆われていた山々が、今では日本人の斧によって徐々に崩れている」

1903年9月初め、ロシアの軍事輸送艦ヤクート号に通訳として同乗し、鬱陵島(ウルンド)を調査したレベジェフ(当時ウラジオストク東方大学3年生)の鬱陵島調査報告書だ。大韓帝国は1900年、勅令第41号を出して鬱陵島島監を郡守に格上げして、日本人の鬱陵島不法居住や森林伐採を根絶しようとしたが、被害は依然深刻だった。報告書は、「大人の両腕の長さの5倍もある巨木を見つけることができない」とし「谷に放置された巨木の切り株から、日本人が略奪した痕跡を見ることができる」とした。

キム・ヨンス北東アジア歴史財団独島(トクド)研究所研究委員(教育研修院教授)は、日本とロシア帝国が鬱陵島と独島をどのように見て侵略しようとしたかにスポットライトを当てた研究書「帝国の二重性:近代独島をめぐる韓国・日本・ロシア」を最近発刊した。キム研究委員は、「帝国は自国の水産業者、商人の経済活動と利権を庇うと同時に、彼らを軍事的侵略のツールとして活用した」と明らかにした。

ロシアは1896年、鬱陵島の森林伐採権を獲得し、日露戦争に備えて東海(トンへ)の戦略拠点として注目した鬱陵島の森林と地形を複数回調査した。1903年、ヤクート号の調査もその一環だった。

レベジェフは、鬱陵島で韓国人と不法居住している日本人の極端的な対立も記録した。報告書には、韓国人2500人、日本人180人程度が鬱陵島に住んでいるとし、「日本人は韓国人を見下し、武装した日本人2、3人が韓国人の家に現れて、家財道具を自分のもののように扱って暴力を奮った」と書かれている。日本は道洞港(トドンハン)に不法に警察署まで設置していた。

レベジェフはまた、「日本人は弾丸がおらず、韓国人に立ち向かえなかった。日本人は韓国人の家を通るとき、韓国人と目を合わせることなく、頭を反対側に回した」と記録した。キム研究委員は、「不法伐採を遮る韓国人を追い出し、鬱陵島を完全に占領したかった日本人の内心が捕らえられた部分だ」と説明した。

日本が独島を領土に編入したと主張する1905年の「島根県告示40号」が公式告示されたという証拠はないと見た。島根県庁は、1945年8月、県庁舎が全焼したとき、告示40号の原本が消失したと主張する。キム研究委員は、「告示40号のコピーは、筆記体であるカバーとは違って印刷体であり、県知事の判子署名もおらず、県知事は通知が行われたと主張する1905年2月22日に先立って、19日から3月1日まで東京出張で不在だった」とし、「告示コピーがねつ造された可能性がある」と明らかにした。

趙鍾燁

ソース:東亜日報日本語版<「鬱陵島を侵入した日、巨木を無造作に略奪」>
http://www.donga.com/jp/List/article/all/20190717/1792099/1/

スポンサーリンク
30: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 00:45:17.22 ID:oRhPn+VQ
>>1
矛盾だらけのレポートやんけw

76: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:09:39.24 ID:JG9Jnrwh
>>1
矛盾してるぞ?
なんで弾がなくて韓国人に立ち向かえなかったはずの日本人が韓国人の家で暴力震えるんだ?

126: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:41:37.57 ID:H3M1IUvd
>>1
“韓国人2500人、日本人180人程度が鬱陵島に住んでいる”
“武装した日本人2、3人が韓国人の家に現れて、家財道具を自分のもののように扱って暴力を奮った”
“日本人は弾丸がおらず、韓国人に立ち向かえなかった”(銃や弾丸を持っていなかったという意味?)

辻褄が合わないんだよなあ。

134: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:52:38.59 ID:MkgXCBLt
3: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 00:32:39.17 ID:FEOALjiz
なんて言うか朝鮮人のイメージする日本つうのは、暇なのか勤勉なのかよう分からん。

15: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 00:37:08.85 ID:HUAGcabG
韓国にとって過去は宝の山ニダ

25: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 00:43:05.15 ID:YliZZqkp
印象操作も甚だしい
日本が植えた木と朝鮮人が切った木の話もしろよ

29: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 00:45:15.57 ID:IOthinbS
日本では火のない所に煙は立たぬというが
朝鮮では火のないところに放火するw

31: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 00:45:25.86 ID:rs0VydcZ
日本の若者からしたら
だから何だよ?俺ら関係ねーじゃん てなるわな

44: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 00:49:59.41 ID:hUUVrnk9
桜の件でおまエラが木をぞんざいに扱ってるのはとっくにバレてるぞ

69: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:06:45.43 ID:pkKtpZ93
奴ら毎日こんなことばっか考えてるのが何より幸せなんだろうなあ気持ち悪い

77: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:10:16.34 ID:Utwmk2Y5
83: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:14:05.64 ID:1yTKqAf0
何を主張したいのかイマイチよく分らんが
1903年時点で鬱陵島まで日本人が進出してたってことは
遥か手前の竹島はとっくに日本の勢力圏っぽいけど
鬱陵島で巨木切ってた悪人だから無効ダニってことか?

85: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:16:21.17 ID:XVtvUnYL
そもそも日本が進出する以前に、赤土がむき出しの禿山が続いてたのは
半島を縦断してる外国人が書いてるんだがw
鬱陵島が例外だとは思わんねw

94: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:23:26.60 ID:fX7rcwyS
>>85
そうなんだよな。朝鮮半島の方はわざわざ日本が植えるほどだったのに。
およそ運搬に向かない孤島から切り出したとして何処に持ってったの?って話

86: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:18:49.73 ID:Utwmk2Y5
ってか朝鮮人はロシア軍艦を引き込んで何をしてたのかな

92: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:22:35.80 ID:mzcaTPJb
鬱陵島がどこだかつい最近まで知らんかったくせにw

97: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:24:51.44 ID:kOKguYQx
閔妃がロシア引き込んで何でも売却してたからそれ絡みか?>伐採権
で、既に自分たちで禿げ山にしてたの日本のせいにしてるのかね

101: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:27:36.67 ID:Y/fEvaF9
言ってること全部妄想だと思って聞いたほうがいい

105: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:29:34.19 ID:Su3PgxMg
伐採権を売っておいて何言ってんだか。

127: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/07/18(木) 01:41:59.01 ID:+iylngVK
ハゲ山に植林してやったのにこれだよ
ホント嫌いだわ

引用元: ・http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1563377420/


スポンサーリンク

    コメント

     コメント一覧 (5)

      • 1. 名無し
      • 2019年07月18日 11:04
      • それまでの歴史的経緯をちょっと------
        1417年、李氏朝鮮の太宗が倭寇対策として、同島の居住者に本土への移住を命じた。
        いわゆる「空島政策」の発令で、その後460年以上に渡って無人島となった。
        1618年(元和4年)5月16日、江戸幕府は鳥取藩主池田光政(松平新太郎)にあてて伯耆国米子(現、鳥取県米子市)の商人、大谷・村川の両氏に対し、鬱陵島(当時、竹島)への渡海免許をあたえ幕府公認で鬱陵島の独占的経営が始まり、隠岐の漁師などが空島であった鬱陵島へおもむいて海産物や竹などを採取して幕府公認の商人が売っていた
        日本側が朝鮮本土より密漁に来ていた朝鮮人を見つけ日本へ連行したのを機に日朝間で揉める。
        1697年(元禄10年)1月、江戸幕府の5代将軍徳川綱吉は、日本人の鬱陵島への出漁を禁じる措置をとり鬱陵島を放棄、氏朝鮮に伝えた。日本の漁師たちが幕府の許可を得て鬱陵島に渡航することはなくなる
        李氏朝鮮はそれからも長期間無人政策をとっていたため人は住んでいなかったが、1882年国王高宗は鬱陵島検察使・李奎遠にこの島の調査を指示し空島政策を廃止、その後再び人が住み始めた。
        1905年、日露戦争の日本海海戦が近海で行われ、1910年 日韓併合により日本領となる。
        -------というわけで朝鮮人だって江戸時代に密漁に来ているので木を切っていた可能性は有る
        日本人が伐っていたのは主に竹、わりといくらでも生えてきて困るのが竹で、森林の害にもなる。
        日本人は樹木の重要性については古代から熟知しているので森林破壊というほどの状態になるまでは切らない性質が有る。余程沢山の住宅を現地に立てるなら別だが、それは日本人より多くが住み着いていた朝鮮人の仕業と考えた方が合理性が有る。朝鮮人があまり伐り過ぎるので日本人が警告したのを逆恨みしたのではないか。
      • 2. 名無し
      • 2019年07月18日 11:48
      • これが抜けてたんですが、日露戦争(1904)前-------
        1896年8月28日に、朝鮮高宗はロシア公使館に移り住み、帝政ロシアと
        『露人「ブリーネル」茂山及鬱陵島山林伐採並植付に関する約定書』を結び、
        森林伐採の特許をユーリ・イワノヴィチ・ブリーネル(ロシア語版)の設立する「朝鮮木商会社」へと与えた(ロシアが鬱陵島森林伐採権取得)。
        西・ローゼン協定(1898)で
        両国は韓国の国内政治への干渉を差し控え、かつ韓国政府の依頼で軍事または財政顧問を送る前に、互いに事前承認を求めることで合意した。
        ロシアは、韓国の商用・経済発展への日本の投資を妨害しないことを誓約し、それにより韓国が日本の勢力範囲になることを明確に認めた。代わりに、日本は満州におけるロシアの勢力範囲を暗黙に認めた。
        帝政ロシアのセルゲイ・ヴィッテは回顧録の中で『もし我々がこの協約を正直に守り、ただ紙の上ばかりでなく、この協約の精神にもっと忠実であったなら、言い換へれば、朝鮮を完全に日本の勢力下に渡してやったなら、恐らくロシアと日本との平和関係はいつまでも続いたことであろう』と述べている
        -----で、記事はこの後の時代、韓国人はいつものとおり協定とか合意とか条約とかいうものは無視して日本が悪いとロシア人に言いつけて戦争させるわけ
      • 3.  
      • 2019年07月18日 12:05
      • あい変らずって言葉をそのままやってるな
        ほのぼのするわ
      • 4. あ
      • 2019年07月18日 12:15
      • この時期に朝鮮半島で木が大量に消費されているだろうし、鬱陵島から伐採されていてもおかしくはないで
        鉄道、橋梁、電柱などのインフラ整備に直接的、間接的問わず使われたからな
      • 5. 火畑民
      • 2019年07月18日 20:43
      • 最近の地理では教えていないようだが、私の時代は朝鮮に"火田民"というのがいて、そこいらじゅうを焼き払って畑にし、あちこち渡り歩く集団がいると習ったものだ。
        要するに、ニューギニアあたりの原始人がやる焼畑農業ね。
        このため、山は丸坊主になり、例の"朝鮮虎"も生息地を奪われて絶滅の危機にある、と習ったんだがな。
        その後、朝鮮虎は、焼畑農業のほかに朝鮮戦争での爆撃などでほとんど絶滅状態になってしまった。
        要するに、日本の農民のように"肥料"をやるということを全く知らない原始的農業で国土を荒らしてしまったのは、半島の農民の自業自得だよ。

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット