ます速ch

ニュースのニュースを扱うまとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。


おすすめ記事

1: マスター・ネシトル・カ ★ 2017/12/18(月) 12:45:48.44 ID:CAP_USER9
【国難/途上国並み】ユニセフが重大懸念 日本の子供貧困は安倍政権で加速する[12/18]
2017年12月17日 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219719

 全国各地の街頭で見られるユニセフ(国連児童基金)募金への呼びかけ。途上国の貧困にあえぐ子供たちを助けたい――と、募金する人も多いだろうが、今や日本が途上国への転落危機にある。訪日したユニセフのレーク事務局長がNHKの取材に対し、「日本のおよそ16%の子供が深刻な貧困状態にある。豊かな社会において子供が飢えや格差に苦しむことがあってはならない」など懸念を示したのだ。

 世界の子供の貧困問題に関わっているユニセフ事務局長の指摘だけに衝撃だ。日本の子供の貧困は「途上国並み」と断じられたのに等しい。

「子供の貧困対策」は安倍政権の“看板政策”だったはずだ。安倍首相も国会で〈子供の貧困対策は未来への投資であり、国を挙げて推進していきます。(略)ひとり親家庭・多子世帯等自立支援プロジェクトを決定し、(略)子供の貧困対策を大幅に拡充することとしたところでございます〉(16年1月21日の参院決算委員会)、〈子供たちの未来が、家庭の経済事情によって左右されるようなことがあってはなりません。経済的にもさまざまな困難を抱えているひとり親家庭や子供の多い世帯には、きめ細かな支援が必要です。(略)子供の貧困対策に全力で取り組んでまいります〉(16年9月27日の衆院本会議)と言っていたが、ナ~ンもしていなかったのだ。
(以降ソースにて)

3

【国難/途上国並み】ユニセフが重大懸念 日本の子供貧困は安倍政権で加速する[12/18]  の続きを読む

1: nita ★ 2017/12/18(月) 08:30:59.00 ID:CAP_USER9
2017年12月18日 朝刊

 中高生、大学生の若者が大人と政治や社会問題について語るイベント「Youth Conference(ユース・カンファレンス)」が17日、東京都千代田区の上智大学であった。昨年解散した若者グループ「SEALDs(シールズ)」のメンバーだった奥田愛基さんが代表を務める民間シンクタンク「ReDEMOSリデモス」が主催した。

 参加者は「外交・安保」「ジェンダー」など六つのワークショップに分かれ、ジャーナリストや大学教授ら専門家と討論。弁護士の白神優理子さんらが講師を務めた「憲法・人権」のワークショップでは「自分たちの将来につながることなのに、憲法の勉強会に若者が少ない」「なぜ学校で戦争体験を聞く授業がないのか」など率直な質問があがった。

 後半はCMディレクターの下田彦太さんが、問題意識や学んだことをどう社会運動につなげるかについて講演。効果的な発信方法などについて話した。

 企画は、奥田さんが今春、高校生から「社会問題を同世代と話し合いたいが機会がない」と相談を受けたのがきっかけ。奥田さんは「同じことを考えている若者をつなぐ場ができ、新しい動きが生まれてくれれば」とイベントを企画。運営には高校生も関わり、当日は司会進行を務めた。

 ワークショップ終了後、奥田さんは「学んだことを周りの人と話し合って広めてほしい」と呼びかけた。参加した上智大1年の岩崎結衣さん(18)は「同世代がいたので自分も話しやすかった。もっと広がってほしい」と話した。 (原尚子)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017121802000103.html

2

【東京新聞】中高生や大学生「つなぐ場に」 元シールズ・奥田さんが企画  の続きを読む

1: 腐乱死体の場合 ★ 2017/12/17(日) 23:57:49.56 ID:CAP_USER9
前川氏が安倍首相に「逃げきれるなら民主主義疑う」


12/16(土) 20:37配信

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00079045-nksports-soci


文化放送の番組に出演した前川喜平氏(手前左)はロンドンブーツ1号2号の田村淳(手前右)と激論を交わした
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171216-00079045-nksports-000-13-view.jpg
2



 加計学園の獣医学部新設問題を巡って「総理の意向があった」と記された文書の存在を証言した前文部科学事務次官の前川喜平氏(62)が16日、
ラジオ文化放送の「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNews CLUB」(土曜午後1時)に生出演し、
学園新設の責任者は「安倍総理だと思います」と明言し、「安倍さんはひたすら逃げ続けるしか手がないのでしょう」と厳しく追及した。

 前川氏は番組パーソナリティーを務める田村淳とゲストで憲法学者の木村草太氏の問い掛けに答える形で、
学園新設のプロセスについて言及。「一連の問題の責任を取るべき人は誰か」という淳からの直球質問に「私は安倍総理だと思います。
ご自身が指示したかどうかはともかく、責任ある組織が動いた。国家戦略特区の中で加計学園を認めたわけで、ゴーサインを出したのは安倍総理。
不公正で不透明なプロセスを経て特例を認めた責任は安倍総理にあると思います」と話した。

 国会では、野党が官邸の働き掛けを追及しているが、安倍首相は問題への関与について否定している。

 前川氏は「加計学園獣医学部を今治に(平成)30年(2018年)4月に開設しなければならないと、総理がお尻を切っている、
総理の意向だということが文部科学省に伝わってきている」とあらためて強調。2015年4月2日に加計学園関係者と愛媛県、
同県今治市の職員が首相官邸を訪れている点についても触れ「官邸に1時間半いた。
そこで誰に会って何を話したかはブラックボックスになっている」と厳しく追及した
会合では総理秘書官が学園関係者と会ったとされているが「事前に総理の了承がなければ官邸での会合はない。加計ありきの新設が決定的だった」と語った。
安倍総理は国会で2017年1月20日に加計学園の新設を知ったとしているが、この説明が矛盾しているとも指摘した。

 前川氏は「安倍総理は逃げ続けるしか手がない。部下たちに『知りません。記憶がありません』と言わせて、
ひたすら逃げ続けるしかないでしょう」とも話し、淳から「(安倍自民は)選挙でも勝った。
逃げ切れると思うか」と問われると「これが逃げ切れるなら私は日本の民主主義を疑う」と踏み込んだ。

 来春に新設される同学園獣医学部はこの日、全国7カ所で推薦入試が行われ、
募集21人に対して688人が入学を志願した。

「これが逃げ切れるなら私は日本の民主主義を疑う」 前川喜平氏 学園新設の責任者は安倍総理だと明言 厳しく追及  の続きを読む

1: ばーど ★ 2017/12/18(月) 09:17:50.60 ID:CAP_USER9
 日本経済新聞社の世論調査で、安倍内閣の支持率は11月下旬の前回調査からほぼ横ばいの50%だった。北朝鮮情勢が緊迫するなか、長期政権の安定感や国際感覚への期待が依然として高い。一方、女性の支持率は前回比8ポイント減の43%と低下した。学校法人「森友学園」「加計学園」をめぐる問題に納得できない人も多く、安倍晋三首相への不信感がなお残っている。

 安倍内閣の支持率は7月の都議選直後の調査で39%まで急落…※続く

配信2017/12/17 23:00
日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24744380X11C17A2PE8000/

1

【日経世論調査】内閣支持率横ばい50% 安定感に期待、不信なお強く  の続きを読む

1: 腐乱死体の場合 ★ 2017/12/17(日) 22:21:36.07 ID:CAP_USER9
「怖い」絶叫、女性落水 抗議船に保安官乗り込み沈没寸前 辺野古新基地


12/17(日) 5:00配信

沖縄タイムス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00185012-okinawat-oki


 新基地建設が進む沖縄県名護市辺野古沖で16日、抗議する市民の船に海上保安官が乗り込んで定員をオーバーし、
不安定になって女性(40)=名護市=が海に落ちた。船は両舷からの浸水が激しく沈没寸前に。
「怖い」と絶叫し続けた女性は「死んでしまうと思った」と語った。

 現場は臨時制限区域の外側で、立ち入り禁止ではない外洋。午前9時ごろ、抗議のため石材運搬船に近づいた「ぶるーの船」に対し、
海保のゴムボート2隻が左右から体当たりし、さらに挟み込んで停船させた。保安官の1人が市民に「ばか」と発言し、
抗議すると「規制します」と保安官3人が乗り込んできた。

 定員いっぱいの5人が乗った小さな船にさらに保安官3人が乗り、もみ合いもあって大きく揺れた。「海水がガバガバ入ってきて、
転覆すると思った。逃げなければ」と考えた女性は次の瞬間、海に落ちていた。海保のボートに引き上げられ、けがはなかった。

 同乗していた北上田毅さん(72)は「定員いっぱいだと事前に伝えたのに無視した。海保が一番安全を侵害している」と憤った。
操船した大畑豊さん(54)も「もっと安全な規制の仕方があるはずだ」と批判した。

 この日は初めて本部港から海路で石材が搬入された。同乗していた男性(49)は「ここまでやるのか。
政府が高江で陸自ヘリを使った時も思った」。ゲート前で座り込んだ女性(66)は「わざわざ船を使って増えた工費も血税から捻出される」と怒った。

 第11管区海上保安本部は取材に対し、「再三の警告にもかかわらず、危険な行為をしていた。安全確保の観点から、
一時的に定員を超えることもある。正当な行為だと認識している」と回答した。「ばか」と発言した保安官には指導したことを明らかにし、
「このような事がないよう改めて指導していく」と説明した。



【動画】「定員オーバーだ」船が大きく傾き、海水が浸入
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/185012?utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=related

「死んでしまうと思った」 辺野古 抗議する市民の船に海上保安官が乗り込んで定員オーバー 不安定になって女性が海に落ちる(動画あり)  の続きを読む

このページのトップヘ