ます速ch

ニュースのニュースを扱うまとめブログです。 【政治、新聞、テレビ、韓国】などの話題をわかりやすくまとめていきます。


おすすめ記事

1: きゅう ★ 2018/01/10(水) 19:59:12.79 ID:CAP_USER
【平壌1月10日発朝鮮中央通信】日本の反動層が朝鮮の核戦力強化措置を引き続き悪意に満ちて謗っている。

東京都内で開かれた講演で首相の安倍は、朝鮮に圧力を引き続き加える、厳酷な現実に正面切って立ち向かっていく、国民を守るためには実際に必要な防衛力を整備すべきであると出まかせにしゃべった。

10日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、日本国民は朝鮮の「核およびミサイル威嚇」ではなく、むしろそれを口実にして軍備増強に熱を上げる当局の策動から時刻を争いながら迫っている脅威を感じていると明らかにした。

同紙は、軍備増強に熱を上げる日本反動層の本心は、戦争国家としての軍事的土台を整え、他人にかこつけて自分の利をむさぼってみようとするところにあると暴露し、次のように強調した。

日本人民は第2次世界大戦の末期に自国を初の核災難国家につくった米国の大量殺りく蛮行を過去のこととしてのみ思ってはならない。

米国が日本の反動支配層を積極的に庇護(ひご)しながら日本国民を核戦争のるつぼの中に押し込もうとするということをはっきり知るべきである。

日本当局は国民を「保護」するという美名の下で彼らの運命をもって無謀なばくちをしてはならない。

真に自国民の安全を考えるなら自重自粛すべきである。

日本当局が米国を後ろ盾にして火取り虫のようにあわてふためいては悲惨な終えんを免れなくなるであろう。---

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf 

3

【北朝鮮】軍備増強に熱を上げる日本[01/10]  の続きを読む

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/01/10(水) 18:54:49.37 ID:CAP_USER9
蓮舫氏が脱「二重党籍」 民進党が離党届受理
2018.1.10 18:36 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/180110/plt1801100020-n1.html

最後の定例記者会見に臨む民進党の蓮舫代表=平成29年8月10日、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)
no title


民進党は10日の常任幹事会で、昨年末に蓮舫元代表が提出した離党届の受理を決めた。蓮舫氏はすでに立憲民主党に入党届を提出して承認されており、「二重党籍」状態になっていた。

【立憲民主党】蓮舫氏が脱「二重党籍」 民進党が離党届受理[18/01/10]  の続きを読む

1: (^ェ^) ★ 2018/01/10(水) 18:07:10.86 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00000052-sasahi-int

 緊迫化する米国と北朝鮮の関係。ジャーナリストの田原総一朗氏は、武力衝突のほかにも懸念すべきことがあると主張する。

*  *  *
 2018年に国民の多くが関心、というより不安を抱いているのは、トランプ米大統領が北朝鮮に対して武力行使をするかどうかであろう。

 朝日新聞によれば、11月に米国で実施された世論調査で「トランプ大統領が進んで北朝鮮に軍事行動をとる」とみる米国人が84%にのぼるという。たしかに、トランプ大統領のツイッターなどでの発言は、米朝間でいつ火を噴いてもおかしくないと思わせる。だが、もし米国が北朝鮮に武力行使をすれば、韓国や日本に報復攻撃が行われ多くの犠牲者が出る、とトランプ大統領もわかっているはずだ。マティス国防長官やティラーソン国務長官なども武力行使に強く反対しているはずだ。

 そこで、米国は国連安全保障理事会に、北朝鮮に対する制裁決議を何度も採択させている。12月22日に、10回目の制裁決議が採択された。ヘイリー米国連大使は、「今回の決議は、最も強い制裁内容が含まれ、北朝鮮への圧力をさらに強めるものだ」と強調した。

 だが、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は党の大会での演説で「敵の卑劣な反朝鮮策動ですべてが不足し、難関と試練が度重なるなかでも、国家核戦力完成が実現された」と力説し、制裁が効いている事実を認めつつ、屈しはしないとの決意を示した。

 日本では「制裁強化によって北朝鮮経済が深刻な事態に陥る」という見方が強いが、私が情報を得ている韓国の北朝鮮専門家たちは「北朝鮮の国民はこの程度の圧力ならば10年以上耐えられるはずだ」と話している。つまり、トランプ政権のほうが早く終わってしまうというのだ。

 ヘイリー国連大使は「北朝鮮が新たな挑発を行えば、決定的な制裁を科す」とも言った。「決定的な制裁」とは、中国が原油供給を完全に止めることなどであろうが、中国は絶対に承知しないだろう。中国にとって、北朝鮮が崩壊し朝鮮半島が韓国により統一されるのは最悪で、何としても北朝鮮を持続させたいと考えているはずだからだ。10回目の制裁決議に中国が賛成したのも、原油供給に触れず北朝鮮労働者の送還も2年先に延ばすなど、中国とロシアに譲歩したからだ。つまり中国もロシアも、北朝鮮がそれほど困惑する制裁にならないと判断したのだ。

 私は米朝の異常な緊張関係について、一般的見方とは異なる不安を少なからず覚えている。

 トランプ大統領は強硬姿勢を示しているが、実は、北朝鮮に対する危機感はそれほど強くないのではないか。そもそも米国に北朝鮮に対する危機感はほとんどなく、だからこそブッシュ、オバマ両元大統領は北朝鮮が核やミサイルの開発を進展させても、何の手も打たなかったのではないか。

 トランプ大統領の強硬姿勢はオバマ氏など過去の大統領と自分とは違う、というパフォーマンスであって、もし金正恩氏が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射をやめると言ったら核保有を認めることがあり得るのではないか。そして、北朝鮮が核保有国になれば、韓国も核保有を求めるだろう。こうなると、日本にとっても、中国にとっても最悪だ。

 北朝鮮に決定的な影響力を持つのは中国である。私は、安倍首相が習近平国家主席と会って本音の本音を聞き出し、習近平氏と金正恩氏が話し合うように説得すべきだと強く願っている。

2

【週刊朝日】田原総一朗「安倍首相が習近平国家主席と会って本音の本音を聞き出し、習近平氏と金正恩氏が話し合うように説得すべき」  の続きを読む

1: Ψ 2018/01/10(水) 16:11:29.39 ID:xB7ehQrA
2018年1月9日、観察者網によると、
台湾新竹市が発行した2018年の旧暦カレンダーを国民党所属の議員らが引き裂くという騒ぎが起きた。
カレンダーの表紙を飾った旭日旗を思わせるデザインが怒りを買ったためだ。

問題のカレンダーの表紙を見ると、上から2段目に旭日旗に似た太陽を模したと見られる図柄が印刷されている。
記事によると、過去の表紙は観音菩薩像がデザインされることが多かったが、
2016年から同市はプロのデザイナーに依頼先を変更したとのこと。デザイナーは「春夏秋冬をテーマとした。
デザインはすべてオリジナル」と説明し、市の関係者は

「日本とこのデザインは無関係。狭い見方で捉えないでほしい」と話している。

しかし、市議会国民党団は9日、
「市のカレンダーに日本軍旗がはためく?」をテーマに抗議活動を実施。
桜や和服も盛り込まれるなど「日本色」の濃いデザインになっていることに
「統治時代への懐かしみか」などと不満を示し、
大勢の議員がカレンダーを引き裂いて見せた上、
市民への謝罪を市に求めたという。

記事によると、市議会国民党団の書記長や議員らからは

「市長にとって新竹市は台湾新竹市なのか大日本帝国の新竹州なのか。
疑問に思わざるを得ない」「旭日旗は日本に侵略されたアジアの国々にとって日本軍国主義の象徴。
カレンダーは被害を受けた人々の感情を傷付けるだけでなく、民族や歴史的正義の立場を失わせるもの」との
声が上がったという。
(翻訳・編集/野谷)

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180110/Recordchina_20180110036.html

http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201801/20180110-035347409.jpg 

no title

カレンダーに日本軍の旭日旗が!怒った台湾の議員が引き裂いて抗議―台湾  の続きを読む

1: 荒波φ ★ 2018/01/10(水) 10:40:03.00 ID:CAP_USER
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が10日午前10時から青瓦台(チョンワデ、大統領府)で国内・海外の記者約250人を対象に新年記者会見を開き、韓日慰安婦合意に言及した。

文大統領は冒頭の発言で「80年ほど前、花のように美しい少女一人も守れなかった国家が被害者のおばあさんにまた深い傷を負わせた」とし「国家の存在理由を改めて考えさせる」と述べた。

続いて韓日慰安婦合意について「韓日両国間で公式的な合意をした事実は否認できない。日本との関係をうまく解決していくことも非常に重要だ」とし「しかし間違った結び目は解かなければいけない。それが大統領として付与された歴史的責務だと考える」と述べた。

日本に対しては「日本と心が通じる真の友人になることを願う」とし「韓国と日本は文化的・歴史的に多くの部分を共有している。両国が共に努力し、共同の繁栄と発展を遂げていかなければいけない」と強調した。


2018年01月10日10時25分 [中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/350/237350.html?servcode=A00&sectcode=A10 

1

【文在寅大統領】「慰安婦合意、日本との誤った結び目を解くのが大統領の責務」…新年記者会見[01/10]  の続きを読む

このページのトップヘ