ます速ch

ニュース、政治、東アジアなどの話題を わかりやすくまとめていきます。

    1: 鴉 ★ 2019/10/15(火) 18:36:18.43 ID:CAP_USER
    編集部の<秀逸>「たもつさん」さん

    日本は韓国を放してはいけない 「核武装した統一朝鮮」は悪夢
    https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20191003/pol/00m/010/014000c

    「たもつさん」さんのコメント

    ●「永遠の隣人との関係」

     文政権に対する評価では、尾上さんの意見は私見とは異なるようですが、韓国との関係を重視すべきとの意見はもっともなものと受け止めます。

    古来、朝鮮半島における独立国の存在は、極東の島国たる日本の安全にとって要の役割をしてきました。

    (中国の底力を過小評価して大陸に攻め込んだ何度か大失敗を例外として。)韓国がなければ中国のプレッシャーを直に受けることになります。

    「韓国併合」という大失政の後遺症が癒えるには時間がかかるであろうし、それなりの経済的負担を覚悟しなければならないでしょう。日韓基本条約ですべてが解決されたという安倍政権に認識は、おめでたいというか、歴史知らずというべきでしょうか。

     韓国の人たちの「反日感情」の先には、中国に従属した「統一朝鮮」の成立しかありえないでしょう。その道へ進むように煽ってどこに日本の安全があるのでしょう。


     ここは、多少のことは冷静に受け止めるべき時期だと思うのですが。

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20191011/pol/00m/010/001000d

    【【毎日新聞】日本は永遠の隣人・韓国との関係を重視すべき。多少のことは冷静に受け止めるべき時期だと思うのですが】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/10/15(火) 17:31:21.44 ID:tgn4BQO/9
    LGディスプレイが韓国国内のディスプレー・パネル工場で使用するフッ化水素全量を国産化した。日本が韓国を対象に半導体・ディスプレー核心素材の輸出を規制してから103日目だ。

    業界によると、LGディスプレイは14日、エッチング・洗浄工程に使われるすべてのフッ化水素を国産に変えた。国内の有機発光ダイオード(OLED)パネルと液晶表示装置(LCD)パネルの生産ラインで使用されていた日本産液体フッ化水素全量を国産製品に変えたのだ。9月初めに国産フッ化水素を初めて生産ラインに投入してから約1カ月ぶり。

    2019.10.15 10:42 中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/258559
    no title

    【【韓国】LGディスプレイ、フッ化水素「脱日本」…「100%国産化」 日本の輸出規制から103日目で 】の続きを読む

    1: 名無しです 2019/10/15(火) 16:30:41.43 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国国務総理室の李錫雨(イ・ソクウ)公報室長は15日、李洛淵(イ・ナクヨン)首相が来週の訪日後に辞任するとの韓国メディアの報道について「事実ではなく、全く根拠がない」と否定した。

    14日に開かれた文在寅(ムン・ジェイン)大統領と李首相の週例会合で辞任に関する内容は取り上げられておらず、訪日後の李首相の日程も変更はないと説明した。

     李氏は「即位礼正殿の儀」に出席するため22~24日の日程で日本を訪問する。韓国の夕刊紙、文化日報は、李氏が訪日後に辞任するとされ、訪日後の韓国内での日程を調整していると報じた。

     国務総理室の関係者は聯合ニュースの取材に対し、「訪日後から11月末まで予定されている日程に変更はない」と説明した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191015001700882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.10.15 14:54

    no title

    「ソウル国際航空宇宙・防衛産業模型展示会」(ソウルADEX2019)の開幕式で演説する李首相=1日、城南(聯合ニュース)

    【【韓国首相の辞任報道】 「事実ではない」=国務総理室】の続きを読む

    1: 鴉 ★ 2019/10/15(火) 18:19:41.29 ID:CAP_USER
    日韓の関係悪化や過熱するナショナリズムにどう向き合うのか。外交を担う政府を監視する立法府の姿勢が、改めて問われている。臨時国会のスタートに合わせ、国会に求めるものを、近現代史を研究してきたノンフィクション作家の保阪正康さんに聞いた。

     臨時国会では、立法府つまり国会が行政府から本当に独立しているのか、三権分立が機能しているか、が問われる。試金石となりうるのは、日韓問題だ。

     日本政府は1965年の日韓基本条約・請求権協定に基づき、元徴用工の補償問題は「完全かつ最終的に解決済み」との立場を取ってきた。韓国政府も同じ立場だったが、昨年10月の韓国大法院(最高裁)が覆した。


     これだけをみれば、安倍政権が言う「韓国は約束を守らない」というのも、その通りだと思う。

     しかし、65年当時、韓国は軍事体制下であり、東西冷戦のさなかだったため、条約や協定があいまいさを残していたことは否めない。

     ここに目をつむったまま、日本政府が「私たちが正しい」と主張しているだけでは、「協定を認めない」とする韓国政府と平行線のままだ。

    https://www.asahi.com/articles/ASMB35WFSMB3UTFK011.html

    【【朝日新聞】「韓国は約束を守らない」と言うが、日本が私達は正しいと主張しているだけでは、韓国と平行線のままだ】の続きを読む

    1: 名無しです 2019/10/15(火) 16:36:19.44 ID:CAP_USER
    【東京聯合ニュース】韓国大法院(最高裁)が強制徴用被害者への賠償を日本企業に命じた判決を巡り、日本政府が「韓国が国際法に違反した」と一方的な非難を続けているなか、日本の市民団体が徴用問題の主な争点をまとめた説明資料を作成し、関心を集めている。

    聯合ニュースは15日までに、日本の市民団体でつくる「強制動員問題解決と過去清算のための共同行動」がこのほど日本人向けに作成した資料「韓国『徴用工』問題Q&A」を入手した。資料では徴用問題について日本の主要メディアがあまり報じていない事実や、日本政府の主張が抱える矛盾を明らかにしている。

     日本政府が韓日請求権協定に基づき徴用賠償などの問題を「完全かつ最終的に解決済み」としていることに対し、同資料では、日本政府も「個人の請求権を消滅させたものではない」と述べているとして、1991年8月27日の柳井俊二・外務省条約局長(当時)の参議院予算委員会での答弁を紹介した。2018年11月14日に河野太郎外相(同)が衆議院外務委員会で「個人の請求権が消滅したと申し上げるわけではない」と答弁したことも伝えた。

     また、中国人強制連行では三菱マテリアルなどの日本企業が強制連行の事実を認め、被害者に謝罪した上で、基金を設立して補償する方式で和解を進めていると説明し、韓国人徴用問題についても財団や基金の設立によって解決することを提案した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191015001900882?section=society-culture/index
    聯合ニュース 2019.10.15 15:16

    no title

    「強制動員問題解決と過去清算のための共同行動」が作成した資料(同団体提供)=(聯合ニュース)

    【【日本の市民団体】「徴用工問題Q&A」作成 日本政府主張の矛盾も指摘】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング