ます速ch

ます速は、 主に新聞、tvニュース、政治家などの方向性の疑問、不信感、などを わかりやすくまとめていきます

    1: (^ェ^) ★ 2018/06/20(水) 17:44:17.26 ID:CAP_USER9
    http://anonymous-post.com/archives/25011

    no title


    Koro @Koro_0619
    旦那に私から政治の話聞きたくないと言われた。
    俺は政治に興味ないし良く分からないし、何を言われても同調出来ない。毎日仕事行くだけで精一杯だと…
    安倍政権になってから政治の話ばかりしてる、変わったと言われた。でも今一番気になる事だもの仕方ない。
    安倍総理のせいで離婚かもしれない💧

    kowaiyokowai @ibara_yokoyoko
    私も同じだった
    いい人なんですが
    なんで命や生活に直結してることに意識が向かわないのか?!
    なんでこんな人を選んで結婚をしたんだ?!
    って後悔しました
    今は別居中 笑

    ゆかてぃん @pubiko
    私も同じです。でも、自分や子どもの現在と未来に関わることだし、やめたら安倍政権の思うツボだと思い、私の大事な部分だ、絶対やめないと言いました。
    でも、当たり前の生活に直結するかもしれないことなのに、こうして疎ましいという感覚を持ってしまう夫への信頼感はかなり薄れました。

    https://i.imgur.com/nby6u1P.png

    管理人
    ネットの反応
    名無し
    これ書いてるの70過ぎのジジイだろ
    名無し
    BBAの可能性
    名無し
    いや、流石にこれは共産系の自演だろ
    そういう女性が多いと思わせるためのいつもの下手な工作
    戦争ラブな男とセックスしない同盟みたいなもん
    名無し
    妻に政治の話は聞きたくないと言ってやった。
    俺はパヨクには興味ないしなりたくもない、何が言いたいのか理解出来ない。
    そもそもそんなに偏差値低くは無いんだよと…
    安倍政権になってから「アベガー」ばかり言ってる、変わった奴だったと確信した。
    でも結婚してしまったのだから仕方ない。
    と思ってたが、安倍総理のおかげで離婚できそうだ
    名無し
    御覧ください、これが真性の基地害です
    名無し
    生活に直結してるからこそ野党はないでしょ
    民主党政権時代は家計のこと考えるだけで胃が痛かった
    うちの旦那は自民党嫌いだったけど民主党政権になるちょっと前くらいから自民党支持になってて
    この人達と真逆なことに安心してしまった
    名無し
    どいつも中身おっさんだろw
    死んどけ

    名無し
    笑かすなよ(´・_・`)
    安倍のせいじゃなくて病気のせいだと思う割とマジで

    【パヨク女子「旦那に政治の話聞きたくないと言われた」「安倍政権のせいで離婚かもしれない」→「安倍のせいじゃなくて病気のせい」】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/06/20(水) 17:36:56.22 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000028-asahi-pol

     安倍晋三首相(自民党総裁)と公明党の山口那津男代表は20日午前、国会内で会談し、同日に会期末を迎えた通常国会の会期を7月22日まで32日間延長することで合意した。両党は衆参両院議長に会期延長を要請。20日午後の衆院本会議で、与党の賛成多数で議決した。

     党首会談では、首相が「働き方改革関連法案の成立を図りたい」と言及。山口氏は、19日に衆院を通過したカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案などを念頭に「衆院から送付された重要法案の成立も図りたい」と応じ、参院選の「一票の格差」是正や合区対策として定数を「6増」する公職選挙法改正案についても「合意形成をした上で衆院の理解を得て成立を図りたい」と語った。

     今国会は、森友・加計(かけ)学園問題や財務省の前事務次官によるセクハラ問題などをめぐり、野党が安倍政権の対応に反発。4月20日から18日間にわたり国会が空転し、法案審議は与党の想定通りに進まなかった。

     立憲民主党など野党5党と衆院会派「無所属の会」の幹事長らは20日午前、国会内で会談し、会期延長に反対することで一致した。立憲の福山哲郎幹事長は会談後、記者団に「会期内に法案処理ができないのは政府・与党の責任で、延長は断じて認めるわけにはいかない」と述べ、政府・与党の対応を批判した。

     国民民主党の泉健太国会対策委員長は森友・加計学園問題などに関する予算委員会での集中審議や、加計学園の加計孝太郎理事長らの国会招致を求める考えを示した。ただ、与党は「かなり十分なことを議論しているのではないか」(山口氏)として集中審議などには否定的で、延長国会でも与野党の対立がいっそう激しくなる見通しだ。

    【【夏休みの準備】立憲民主党・福山哲郎「会期内に法案処理ができないのは政府・与党の責任で、延長は断じて認めるわけにはいかない」】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/06/20(水) 14:00:44.18 ID:CAP_USER9
     新潟県柏崎市立保育園の保育士が同県知事選の立候補者を応援するポスターを園児に描かせた問題で、市は20日、地方公務員法(信用失墜行為など)に違反するとして、保育士ら7人を懲戒処分にしたと発表した。自治労県本部の依頼で作成し、野党統一候補で落選した元県議、池田千賀子氏(57)=立民、国民、共産、自由、社民推薦=を応援するものだったことも明らかにした。

     桜井雅浩市長は「公務員としての基本的な自覚が欠如した極めて遺憾な行為」と謝罪した。自らや西巻康之副市長についても減給処分にする方針。

     処分の内容は、園児に絵を描かせた保育士の20代女性のほか、同30代男性、保育園長の50代女性が減給10分の1、市子ども未来部長と同部保育課長のともに50代男性、いずれも保育士の40代女性と20代女性が戒告。

     市によると、減給処分となった保育士の20代女性は5月17日、独断で保育時間中の園児計8人にポスターづくりを手伝わせ、池田氏を取り巻く顔の絵を描かせたり、チューリップの花に見立てた手形を押させたりした。保育士計4人は休憩時間中に作成したが、減給処分となった2人は勤務時間中にも作成した。作成作業は5月16~17日、保育園長の許可を得て行われた。

     6月6日に市民から同部長への問い合わせで発覚。市側は既に園児の保護者に謝罪した。保護者からは「公務員なのでしっかりしてほしい」など注意されたという。

     市長と副市長の処分(減給10分の1)については同市議会6月定例会に議案を提出する。

     桜井市長は「今後は、児童の健全な心身の発達の場である保育園に勤務する者としての責務の重さを改めて十分に認識して、保育業務に精励していく」とコメントした。

     池田氏は20日、産経新聞の電話取材に対し「私が知らないところで図画が寄せられた。非常に残念です」と話した。

     池田氏選挙対策事務所の担当者は7日、産経新聞の取材に対し「自治労の保育部からもらった」と事実関係を認めたが、その後、別の担当者が「張り出していない」と否定していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000544-san-soci

    【園児に新潟知事選手伝わせた保育士ら処分 自治労、依頼で池田千賀子氏候補応援!!】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/06/20(水) 08:01:06.80 ID:CAP_USER9
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-742088.html

     抑止力の呪縛から抜け出す好機として歓迎したい。

     米韓両国が8月に予定されていた毎年定例の米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」を中止することで合意した。
     米朝首脳会談後にトランプ米大統領が表明した米韓合同軍事演習の中止については否定的な評価もある。
     だが、世界が目指すべきは軍事に頼らない外交交渉による平和の確立である。抑止力など要らない世界へ向けた第一歩として、米韓の合同軍事演習中止を歓迎したい。
     トランプ氏は米朝首脳会談後の会見で「米韓演習は挑発的だ。中止により多額の費用を節約できる」と述べ、北朝鮮との対話継続中は米韓合同軍事演習を中止することを表明した。加えて将来、在韓米軍を縮小したり、撤収させたりする可能性にも言及した。
     これに対し、安全保障や米朝関係の専門家の間からは、米韓合同演習中止は無用な譲歩で、米韓の同盟関係を弱めるなどの批判がある。
     在韓米軍が撤収すれば、日本にとっては潜在的な前線が朝鮮半島南端まで下がり、脅威への即応が在日米軍や自衛隊の役割拡大に委ねられるなどと懸念する声もある。さらには米軍嘉手納基地や普天間飛行場の重要性が増すとするなど、朝鮮半島の平和に向けた動きを逆利用し、在沖基地強化を正当化するような指摘さえある。
     米韓両国は合同軍事演習について、有事の部隊運用の訓練などあくまでも防衛的な内容で、軍事圧力ではないと位置付けてきた。だが、北朝鮮は米韓合同軍事演習のたびに強く反発してきた。
     米韓の合同軍事演習は北朝鮮を強く刺激し、米朝交渉の大きな障害になる。朝鮮半島の完全非核化、さらには朝鮮戦争の終結宣言、平和協定締結などが実現すれば、北朝鮮の脅威はなくなる。そうなれば、軍事演習は必要なくなる。優先すべきは軍事的な圧力などではない。
     菅義偉官房長官は米韓合同軍事演習中止を受けて「合同演習の停止は生産的で善意のある交渉の継続が前提条件である。そうでないと判断された場合には、合同演習停止との大統領のコミットメント(責務)は有効でなくなる」とのポンペオ米国務長官の言葉をわざわざ紹介した。
     金正恩朝鮮労働党委員長は「朝鮮半島の完全非核化」を約束しており、日本もその確実な履行を後押しすることが求められる。非核化に向けた交渉が頓挫した場合のことをあえて持ち出すことは、厳に慎むべきである。
     小野寺五典防衛相は、米韓合同軍事演習の中止について一定の理解を示す一方で「米韓合同演習は地域の平和と安定を確保していく上で重要な柱」とも述べた。
     断じて認められない。軍事的な脅しで得た「平和と安定」は必ず破綻する。そもそもそれは「平和」ではない。

    【【琉球新報】米韓の合同軍事演習は北朝鮮を強く刺激する。優先すべきは軍事的な圧力などではない→「圧力が無ければ対話してないと思うが…」】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/06/20(水) 07:37:00.71 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/55857

    no title


    『報道ステーション』の大阪地震報道が大炎上 配慮のないインタビュー、最後は政権批判の材料に…

    ▼記事によると…

    ・テレビ朝日系「報道ステーション」の大阪地震の報道の内容に批判が集まり、炎上状態となっている

    ・富川悠太キャスターが現地入りし、高槻市の様子をレポート。午後5時頃に被害住民の家に上がり込み、「水が出ない」「ガスの復旧に1週間程度かかる」などの様子を伝えた

    ・地震によってブロック塀が崩れ、下敷きになった女児が亡くなった事件の報道では、被害者の実名を報じたうえ、同級生の小学生に「亡くなってどう思うか」などが趣旨と思われるインタビューを敢行

    ・ジャーナリストの後藤謙次氏は地震について聞かれると、「違和感を感じたのは(発言のまま)参議院の決算委員会が行われたこと」「被害が拡大しているときに政府がどうするのか。そこに思いが至っていない」と発言

    ・さらに「ちょうど3.11のときにも決算委員会があった。このときは菅(直人元総理)さんの政権でしたけども、中断されて直ちに官邸に全員集合した。大都市で起きた地震ですから、官邸に全員集合してですね、対応することも十分可能だったと思う」と、菅直人元総理の東日本大震災対応を称賛するかのような形で政府批判を展開した

    ・小川彩佳アナも「国民の安心のためにもすぐに対応する姿勢を示して欲しい」と、政府を糾弾した

    6/19(火) 12:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000005-reallive-ent

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・今回も報道ステーションクオリティ発動で大炎上。つか炎上して当然な内容だね、これ

    ・未成年(ましてや小学生に)に、同級生の死のコメントを求めるとか、絶対にありえない。常に被害者や遺族の傷に塩塗る連中。

    ・事実だけ伝えればいいのに、誰かのコメントとか入れて情報操作を行おうとする意図しか感じない

    ・炎上もなにもこの番組がクズなのは今に始まったことじゃない

    ・やればやるほど深みに嵌まっておる。もうね、最近テレビは何も信用出来ないよ。まぁ、観てないけど。

    ・古舘が辞めたときに一緒に無くした方が良かった。もうこんな報道番組打ち切りでいい。存在自体が愚の骨頂でしかない。

    ・怒りというか、呆れというか、むしろ報ステはブレないなぁと思って見てた。子供のインタビューはBPOに通報かな。何もかわらないだろうけど

    ・報ステは意地でもこじつけで政権批判する偏向報道番組だから真面目にみないのが吉

    ・3・11の時にマスコミのヘリの音で、瓦礫の下の被害者が出していた音が聞こえなくて、救えた筈の命が助からなかった事例が頻発した事を忘れてはならない。

    【報道ステ、大阪地震報道がひどすぎる 後藤謙次「菅直人元総理なら対応できた」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング